大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?
  • ホーム
  • <テーマ053>臨床家への批判(1)~「相性が合わない」

<テーマ053>臨床家への批判(1)~「相性が合わない」

<テーマ53> 臨床家への批判(1)~「相性が合わない」 

 

(53―1)クライアントたちの掲示板 

 掲示板にはさまざまなタイプのものがあり、特定のテーマが掲げられている掲示板もあります。 

 中でも、私がある意味で感心したのは、精神科や心療内科、カウンセラーといった「心の専門家」と見做される人たちに特化した掲示板があるということです。 

 正確に言うと、それは「心の専門家」に対して書き込むための掲示板で、専門家にかかるクライアントたちの掲示板ということです。 

 それを読んでいて、私なりにいろいろ思うところがありまして、その中から私が気になった言葉や、繰り返しお目にかかった表現を取り上げて、考察してみることにします。 

 

(53―2)「相性が合わない」はない 

 中でも、臨床家と「相性が合わない」という表現はいくつも目にしました。 

「相性が合わない」ということで、臨床家を批判している例もあれば、そういう形で諦めようとしているという印象を受ける書き込みもありました。 

 しかしながら、「相性が合わない」というのは本当でしょうか? それは何か他の「問題」を言い換えているだけではないでしょうか。本項ではそういうことを考えてみます・ 

 私なりの結論を最初に述べますが、臨床家とクライアントとの間に、「相性の問題」が介在してくる余地はほとんどないということです。そこにあるのは、大部分が「適応」の問題であるか、「感情転移」の問題であるのです。 

 

(53―3)どこにこの「問題」の本質があるか 

そこで、「書き手」の理屈をまず見てみましょう。 

「書き手」は、一言で言うと、「相性が合わなかったから、その臨床家とは上手くいかなかったのだ」という理論を展開しているわけです。 

ところで、これは問題の本質を捉えているでしょうか。私にはいささか疑問なのです。もっと「書き手」の内面の問題がそこには関わっているのではないでしょうか。 

 私はこのように考えています。「相性の問題」と彼らが捉えているのは、もっと「書き手」の内面にある何かが表れているものだということです。そして、内面にある問題を、「相性」という外側の問題として処理しようとされているような印象を私は受けるのです。 

 ここで、この問題の追及すべき点がどこにあるのかを考えてみましょう。「書き手」は自分とその臨床家とは「合わなかった」と述べています。一方で、その同じ臨床家とも上手くやっている人たちもたくさんおられることでしょう。 

 こういう疑問が私に起きるのです。その臨床家とも上手くやっていけているクライアントたちもいる一方で、上手くいかなかった「書き手」のようなクライアントもいるということですから、両者は何が違うのかという疑問です。 

「書き手」の視線でこのことを問い直せば、このようになります。「他の人たちはあの先生とうまくやっているのに、どうして他ならぬ自分はうまくいかなかったのか」という問いになるでしょう。私は、そこに「書き手」が注目するべき、問題の本質があると捉えております。 

「書き手」が追及すべきなのはその点にあると、私は思うのですが、それを「書き手」が「相性が合わなかったから」ということで片付けてしまっているのです。そのために、「書き手」には自己に関するテーマがそこに現れていながら、それを追及していく可能性を自ら閉ざしてしまっているのです。 

 しかし、これを追及していくことは、「書き手」にとってとても辛い作業になってしまうのでしょう。それがどのような辛さであるかということは、個々の「書き手」によっても異なるでしょうから、一概に「これ」と限定して言うこともできません。 

 しかしながら、私が憶測する限りでは、それを追及していくと、自分の幻滅と向き合わされてしまうのだろうと思います。あるいは、それを追及していくと、ますます自分が見捨てられた人間であるかのように体験してしまうのかもしれません。 

「書き手」たちにとっては、それを直視することを何としてでも避けたいと思うのでしょう。そして、「相性が合わなかったからだ」という、いわば不可抗力でこうなったという形で処理しなければならなくなるのでしょう。 

 

(53―4)要約 

 かなり抽象的な話になったと思いますので、上記の事柄の要約も兼ねて、より簡潔に述べましょう。 

 私の見解は次のものです。 

 まず、「書き手」はその臨床家との間で何か望ましくないことや、うまくいかないという体験をしているであろうという前提を私は立てました。 

 そこには「書き手」の内面的な事柄、内的な「問題」や傾向がもっと関わっているはずではないのかという憶測を、私はそれに持ち込みました。 

 もし、そういう事柄が関与しているのであれば、そこに「書き手」が目を向けるべき何かがあるのではないかと結論していたのです。 

 しかし、「書き手」そこに目を向ける代わりに、「相性」という、いわば自分の外側に関する概念を持ち込んでしまっているということです。 

「相性」という外概念を導入してしまうことで、「書き手」は目を向けるべき事柄に蓋をしてしまっているのではないかと考えられるということです。つまり、「外在化」しているということです。 

「書き手」がこのような「外在化」をするということは、そこに、つまり「書き手」をしてそうさせている「書き手」の内面的な事柄こそ、「書き手」苦しめている事柄である可能性が高いということを示すのです。 

 この「外在化」によって、「書き手」は取り組むべき事柄に対して、取り組む機会を失してしまっているというのが、私の見解なのです。 

 

(53―5)「書き手」が目を背けるもの 

 ある「書き手」は、私のことを「これまで会った中で最低のカウンセラー」と評してくださいました。その人にとって、私が「最低」であることは、一向に構わないことです。でも、その人の本当の「問題」は、その人がこれまで誰一人としてカウンセラーと上手くやってこれなかったという所にあるのです。 

「書き手」は自ら情報を提出しています。「これまで会った」というのがそうです。その人はこれまでに何人ものカウンセラーに会ってきたのです。その中で私を最下位にランクインしてくれているだけなのです。でも、その人がどのカウンセラーとも関係を築くことに失敗しているということは、明瞭な事実なのです。 

 この「書き手」はそこを等閑に付しているのです。そして「あのカウンセラーが最低だからこうなった」というような論を展開してしまっているのです。 

 このように批判するのは構わないのですが、批判すればするほど、私はその人がどういう種類の問題を抱えているのかが理解できるのです。そして、何から目を背けようとしているのかということも、見えてくるように思うのです。 

 しかし、私の側に何もないなどと言うつもりもありません。公平を期するために、私自身のことも書かなければなりません。 

 ある種の人たちにとっては、とても厳しいカウンセラーのように私のことが見えるのです。あるいは、同じくある種の人たちからは私はかなり嫌悪されるということも自覚しています。一方で、それとは違ったタイプの人たちからは、私は信用され、頼って来られるのです。でも、私はこれを「相性」とは捉えていません。 

 私を批判した、ある「書き手」は、恐らく、私がとても怖い人として映ったのだろうと思っています。あるいは、厳しい人間のように思われたかもしれません。恐らく、その人にとって、私が十分に機能するカウンセラーでなかったということは、自分でも認識しているのです、 

 ところが、それは私の側の問題であって、私が取り組むべき所なのです。「書き手」が非難するところではないのです。なぜなら、私のその問題は「書き手」には何の関係もないからです。 

 しかし、臨床家が何をしても、非難で返す人というものはおられるものです。クライアントに対して直面化を控えれば「役に立たない」などと書き込み、直面化を迫ると「最低だ」と書き込んだりするのです。 

 だから、臨床家がどんなことをしても、何を伝えたとしても、やはり何らかの書き込みを「書き手」はしてしまうものだろうと私は思います。 

「書き手」が目を背けようとする事柄は、うまくいかないということであり、挫折苦悩であることが多いようだと、私は思うのです。 

 彼らが書き込んでいる内容を読むと、周囲がピッタリと自分にフィットしないこと、自分の望んでいることと寸分違わないように他者が振舞ってくれないこと、そういうことに対して憤慨していることなどが見えてくるのです。 

 言い換えると、自分の思い通りではないという事実に耐えられないのです。その事実が彼らをひどく傷つけてしまうのでしょう。そして、思い通りに行かないということは、当人に無力感をもたらすものであり、多くの書き込みは、「書き手」の無力感の表明であり、その無力から目を背けるために攻撃したり「相性」を持ち出したりしていることも多いようであります。私はそのような印象を受けるのです。 

 

(53―6)「相性が合わない」のもう一つの可能性 

 さて、「書き手」が「相性が合わない」と書き込む時、一体、「書き手」は臨床家とどのような関係を築くことを期待しているのでしょうか。 

 この点が不明瞭なために、単に「相性が合わない」とだけ書き込まれても、それ以上にどうにも考えることができないのです。 

 つまり、その「書き手」にとって、どのような人が本当に「相性が合う」という体験をするのか、「書き手」にとって「相性が合う」とはどういうことを言うのか、私には分からないのです。 

 もしかすると、「書き手」自身もそれをそんなに明確にしていないかもしれません。 

 むしろ、こうした言葉はその額面通りに受け取らない方がいいのかもしれません。「書き手」自身上手く言えない何かを言おうとするのだけれど、いざそれを言葉にしようと思うと、「相性が合わない」という表現しか出てこないという体験をしているのかもしれません。 

 

(53―7)「適応」という観点から 

 私はここである女性のクライアントを思い出します。このクライアントは精神医学的に言えば、上に述べた「書き手」よりもはるかに「重い病理」を抱えている人です。 

彼女は「私を傷つけないで欲しい」とはっきり要求してきました。毎回、面接の初めに彼女はそのように述べるのです。 

しかし、この方が素晴らしいのは、どういうことをされるのが自分は嫌なのかということを、きちんと自分の口でおっしゃられていることです。 

相手が自分を傷つけるか傷つけないかということは、「相手と相性が合うか合わないか」ということよりも、はるかに具体的であり、理解しやすく、私も対応がしやすいのです。 

私はその方に、「あなたはどういうことに傷つくの?」と尋ねれば、彼女は答えてくれるのです。そして、私はそれを共有できるのです。 

お互いにそういうことが共有できるほど、共有されるものが増えていくほど、お互いの間の疎通性が増してくるのです。 

実際、この女性は、「書き手」よりも「重い病理」を抱えていたかもしれませんが、「書き手」ほど孤立していないのです。 

「私を傷つけないで欲しい」と彼女が求めた時、私は次のことを伝えるようにしました。「私の言ったことであなたが傷つくことがあったとしても、あなたを傷つける目的で言うのではないということをあなたも理解してほしい」と。そして、「傷ついたと感じた時には、その場で教えてほしい」と頼みました。 

 彼女はその後の面接で何回か「傷ついた」と表明しました。その都度、私は私の言葉の何に傷ついたのか、私の言葉をどういう風に受け取ったのかということを話題にあげるようにしました。多くの場合において、そこでお互いの間に意味の取り違えや、すれ違いがあったりするのが見つかるのです。 

そうしたことがお互いの間で修正されていって、私に悪意や敵意がないということが彼女にうまく伝わると、彼女はとても落ち着いてくるのでした。 

 それでも、彼女は面接の場面でいくつかの傷つきを体験しましたが、彼女の偉いところは、そこでキレたり、書き込んだりしなかったということです。 

むしろ彼女は自分が傷ついた時こそ、私に説明する時間を与えてくれ、私の言葉を理解しようとしていました。 

このことを一言で言うなら、彼女は私に「適応」しようとしていたのです。彼女のこの姿勢のおかげで、私はかなり神経を使ったとは言え、この女性クライアントとうまく関係を築くことができたのです。 

「相性」の問題ではなく、「適応」の問題でもあると述べたのはこういうことです。 

 

(53―8)適応困難であることの表現 

 クライアントはカウンセリングを受ける時、そのカウンセリングを実施する機関やカウンセラーに適応していく必要があります。私もまた一人一人のクライアントに「適応」していかなければならないものです。 

「書き手」が臨床家と「相性が合わない」と書き込む時、その人は臨床家に適応することが上手くできなかったという可能性もかなりあるだろうと、私は捉えております。と言うのは、「書き手」中には人や場面に適応することに困難を覚えられる人もおられるだろうからです。 

 言い換えれば、そういうことに適応していくことが難しいという人が、「書き手」になると言っても、私はあながち間違っているとは思わないのです。 

 もちろん、個々のケースを見ていけば、それ以外の可能性も当然あるはずです。ところが、「書き手」は「相性が合わない」と書くだけで、それ以上のことは何も述べていないというのが、私が頻繁に見かけたパターンです。私から見ると、それは「言わずして、察して欲しい」という気持ちの現れであるかのような印象を受けるのです。 

 私のその見解が正しいものであるかどうかは、私には何とも言えません。ただ、「書き手」が「臨床家と相性が合わなかった」と書き込む時、もう一つの可能性として、「書き手」が臨床家に「適応」できなかった、もしくは「適応」していかなかったことを表現しているのではないかと、そう考えるのです。 

 

(文責:寺戸順司高槻カウンセリングセンター代表カウンセラー