大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?
  • ホーム
  • <テーマ055>臨床家への批判(3)~「クライアントのせいにしている」

<テーマ055>臨床家への批判(3)~「クライアントのせいにしている」

<テーマ55> 臨床家への批判(3)~「クライアントのせいにしている」 

 

(55―1)「クライアントのせいにしている」とはどういう類の批判であるか 

 掲示板を見ていって、これもよく目にした文言なのですが、臨床家との間で「書き手」に何かが生じたときに、「臨床家はそれをクライアントのせいにしている」という批判であります。 

 この批判は、「それは本当は臨床家が悪いはずなのに、私のせいにしている、私の問題に還元されてしまった」という意味合いを含んでいるように、私は受け取りました。「本当は臨床家が悪いのだ」ということを暗に秘めているように聞こえるのです。 

 さらに、これは「それは本当は私の問題ではなく、臨床家の問題なのだ」という主張につながっていくかのように私には思われるのです。臨床家の方に問題があるという批判になるということです。 

 確かに、臨床家も一人の人間であり、彼なりの苦悩や問題を抱えていることでしょう。誰に対しても、常に成功するとは限らず、間違ったことや失敗をしてしまうこともあるでしょう。 

 私などはいくつも覚えがあるくらいです。私も多くの問題を抱え、それらに取り組みながら日々を生きる一人の人間にしか過ぎません。私は私の抱えているものや背負っているものに取り組む。同じように「書き手」も自分の抱えているものに取り組まれればよろしかろうと私は思うのです。そこには本来、何一つ対立するものなどないのです。 

 しかし、そうは言うものの、私はここでは、やはり、クライアントの、そして「書き手」の「問題」の方を取り上げることになるでしょう。私は私で自己を内省して生きることにしておりますが、この場においてはそれを取上げないということを、明言しておきます。従って、「そういうお前はどないやねん」という類の反論は受け付けません。 

 

(55―2)迫害を体験している可能性 

 さて、「臨床家はクライアントのせいにしている」と「書き手」が体験する時、一体、双方の間でどのようなことが生じているのでしょうか。もちろん、これに関する手掛かりは皆無です。「書き手」は自分自身のことを書き込まないからです。 

 だから推測を重ねていくしかないのですが、私が一番に思いつくのは、「書き手」が臨床家の言葉に対して、それを迫害的に体験しているということでした。この「書き手」は迫害される立場に自己を同一視してしまう傾向があるのかもしれません。 

 言い換えれば、臨床家の言葉、解釈、介入を、いわば、一種の攻撃として体験されているのではないかということです。そして、「書き手」にとって敏感に反応してしまう領域に関しての事柄が、その時には話し合われていたのではないかと、私は察します。 

 個々の面接状況が分からないので、一概にどういうことが生じたかということを述べることができないのです。でも、一つの可能性として、そういう場面だったということも考えられるのです。 

 

(55―3)つけるべき区別 

 既に二項にわたって、私が「臨床家への批判」と題して述べてきた事柄があります。もし、「書き手」がそれを読めば、やはり同じように私もまた「この人はクライアントのせいにしている」と映っているのかもしれません。 

 だから、ここにはっきり述べておくことが必要だと感じています。 

 私はいくつかの掲示板に目を通していって、そこにある私に対しての書き込みや他の臨床家に対しての批判の言葉を読んでいき、それについて私が考えていることを述べているに過ぎないのです。 

 もう少し詳しく言うと、私が遭遇した現象を記述して、それに対して私が感じたことや考えたこと、推察したことを述べており、それが「書き手」にとっての理解の助けになればいいと願っているということです。従って、ここには特定の誰かを攻撃しようとか、責任転換しようという意図はまったくないのです。そういう意図をもって成された文章はないのです。この区別はつける必要があるのです。臨床家は何かを説明しているのか、現象を記述しているのか、自分の考えを述べているだけなのか、それとも迫害する意図で言っているのか、と言った区別です。もし、臨床家が責任転嫁して、「書き手」を迫害しているなら、誰が見てもそうとわかる証拠があるはずです。 

 ここでも、もし、あなたが私の書いた文章を読んで、「自分が攻撃されている」とかいう体験をされているとすれば、私の文章の拙さのせいもあるでしょうが、それは私の意図しているところのものではないということを再確認していただきたいのです。 

 私も記述には気を付けるようにしています。でも、それと同じくらい、なぜ私の言葉、文章をそこまで「迫害的」に受け取らなければならないのかということを考えてみることも重要なことだと私は思います。 

 言い換えれば、私の問題は私に還元して私が取り組む、あなたの問題はあなたに在るものとしてあなたが取り組めばいいということです。そこにはお互いの間で対立し合うものなど存在しないし、お互いに批判し合う必要もないのです。 

 

(55―4)私たちは現実を多少なりとも歪める 

 ここで一つだけ注意を促しておきたいのです。 

 それは、私たちは現実を現実のままには見ていないということです。私たちは誰もが現実をそのまま見ているのではなく、各々が自分の目を通して見ているのです。いわば、その人の持つフィルターを通して、現実を見ているということです。ですから、そこには多かれ少なかれ現実を歪曲してしまうという現象が生じるのです。 

「心の病」という現象の一つの特徴として、この歪曲が非常に大きくなるということが知られています。 

 現実に対しての歪曲が大きくなるということは、その人の中では現実よりも、「妄想」や「思い込み」の占める度合いが大きくなるということです。例えば、自分に対して悪意のない人の中に悪意を見出したり、攻撃的な意味合いのない他者の言動に攻撃を体験してしまったり、そもそも暴力のなかった関係や場面に暴力を持ち込んだりしてしまうのです。 

 こういう現象は人間にとってとても不幸なことであると私は考えます。そして、カウンセリングのような作業を通してクライアントが達成していく洞察の多くは、周囲の人は自分に対してそれほど敵意を向けていたのではなかったという事実であったりもするのです。 

 従って、「書き手」が「臨床家はクライアントのせいにしている」と書き込む時、一つの可能性として、「書き手」が本来そこになかった「悪」を見てしまっているのかもしれないのです。もちろん、一つの可能性ということを特に強調しておきます。私はその臨床家の肩を持っているわけでもなく、「書き手」が間違っているということを言っているのではないということ、そこで生じていることの可能性を述べているということを併せて述べておきます。 

 

(55―5)クライアントには責任転嫁できない部分がある 

 それが精神科医の診察室であれ、カウンセリングの場面であれ、クライアントが「心の治療」を受けるとなれば、そこでは常にクライアントのことが話題の中心に据えられることになります。それが通常なのです。 

 私の面接において、私の場合、クライアントが何かを発言した時には、その言葉はクライアントに属している何かの表現であると考えます。そして、その言葉がなぜ生じたのかとか、その言葉は一体何を指し示しているのだろうかということを、私は考えます。 

 こうした作業は、私がクライアントを理解しようとしているものであり、何かをクライアントのせいにしているという作業ではないのです。この部分の違いは押さえておきたいのです。 

 もし、私のクライアントが私に向かって「あなたは私の問題をすべて私のせいにしている」と述べられたとすれば、私はそれを否定しないでしょう。そして、まず、次のように考えるかもしれません「このクライアントは自分の問題を自分の問題として受け止めることに困難を覚えているようだ」と。あるいは「自分の問題を自分のせいだと宣言されることに、この人は非常に傷つくのだ」と理解するかもしれません。そして、「そのような責任をすべて自分に還元されてしまっていると体験しているのだから、私のことを非常に敵対視しているだろう」というようにも考えるでしょう。 

 そして、もし、このクライアントが「自分がこうなったのは私のせいではなくて、暴力を振るった飲んだくれの親父のせいだ」と述べられるとすれば、私はその言葉はそのまま信じようとするでしょう。なるほど、クライアントが今の状態になったのは父親のせいなんだなと納得はするでしょう。 

 しかし、だからと言って、問題は父親の側にあって、そのクライアントの問題ではないという結論には達しないのです。なぜなら、問題を意識して私の面接を受けに来られたのは、父親ではなく、このクライアントであるからです。 

 従って、クライアントが自身の問題を抱えて訪れている限り、その元凶が事実父親にあったとしても、面接場面では、その問題を抱えて苦悩しているクライアント自身が中心に据え置かれることになるのです。父親の話ではなく、クライアントの話が常に取り上げられることになるのです。どのような「治療法」であろうと、それは変わらないのです。これは問題をクライアントのせいにしているというようにクライアントには見えているかもしれなくても、それとはまったく違った視点なのです。 

 しばしば、それはあまりに不公平だと訴えるクライアントもおられます。「父親が悪いのに、なぜ自分がいろんな犠牲や負担を負ってまで、この問題に取り組まなければならないのか」というように感じられたりするのです。 

 確かに不公平なことです。しかし、今現在において、問題を意識して臨床家を訪れているのは、やはり父親ではなく、そのクライアントであるわけです。その「問題」をどうにかしなければならないと感じているのは、父親ではなく、クライアント自身であります。その問題が切実に体験されているのは、やはりクライアント自身であり、父親ではないのです。 

 私がカウンセリングを受けていた時、私にとって一人目の臨床家の先生でしたが、ある時、その先生は次のようなことを私に言いました。「寺戸君が今の状態になったのは親にも責任があるのだから、治療費を親に求めてもいいのではないか」と。私は断固として反対したのです。当時、私は一応大学生だったので、アルバイト代をそのままカウンセリング料に充てていたのです。それで私が辛そうに思ったのか、先生はそのように言ったのです。一応、先生の親切心から言ってくれたことなのだろうと捉えています。 

 なるほど、私の体験したことを聴いていると、臨床家にはそれが私の親のせいであるように見えたかもしれません。私の「病」には親に責任があるかもしれません。でも「病の治療」は私の責任でやりたかったのです。私の場合は、「治療」に親が関わってくる方がもっとイヤな感じがしていました。「治療」に親を引き入れたくなかったのです。だから、私はそこにあまり不公平感を見なかったのです。 

 それはあくまでも私一個人の体験であり、それを他のクライアントたちに強要することはできません。ただ、「治療」に関わる責任はクライアントもまた引き受けていかなければならないものであるということを述べたいのです。つまり、クライアントには「治療」に関して、引き受けるべき責任がある、責任転嫁できない部分があるということです。それは避けられないことです。そのこともまた、「クライアントのせいにしている」というのとは、まったく異なった話なのです。 

 

(55―6)「裁判官」イメージと関わる 

「クライアントのせいにしている」と「書き手」が体験する時、次のような可能性もあり得るだろうと思います。「書き手」はその時、臨床家その人に反応しているのではなく、臨床家が「書き手」にもたらしているイメージに「書き手」が反応しているという可能性です。 

 この「書き手」にとって、臨床家は「裁判官」のようなイメージがあるのではないかと私は思うのです。誰に責任があるかを判決し、言い渡す裁判官のイメージです。そして、この裁判官に自分が裁かれるというような体験をしているのかもしれません。しかし、この「裁判官」は「書き手」の中で生じている臨床家のイメージであり、現実の臨床家とは必ずしも一致しないかもしれません。 

 私「臨床家はクライアントのせいにしている」という書き込みを読んだ時、あたかも有罪判決を受けてしまった人の姿を見る思いがしたことがありました。事実、その「書き手」にはそのような体験、それに近い体験があったのかもしれません。 

 私は、その「書き手」にとって、本当の「裁判官」は誰であったのかを見ることができれば良かったと思うのです。なぜなら、もし「書き手」が現実の臨床家ではなく、「裁判官」イメージと関わっているのであれば、「書き手」の中にある「裁判官」イメージの原形となった人物が存在すると仮定できるからです。その原型となった現実の人物との間で経験した問題を、この「書き手」は臨床家との面接場面で再現していると言えるのかもしれません。 

 

(55-7)クライアントのせいにしたら、臨床家はクライアントと会う必要がなくなる 

 また、「書き手」は次のような可能性を見落としてしまっているように私は思いますので、最後にその点だけ述べて本項を終わることにします。 

 もし、クライアントの問題や言動のすべてが、そのクライアントのせいであると臨床家が認めているのだとすれば、つまり「書き手」の記述通り、「すべてをクライアントのせいにしている」とすれば、臨床家はそのクライアントとは会わないだろうという可能性です。これはけっこう自明なことではないかと私は思います。 

 臨床家はその人に対して、「あなたに責任があるのだから、あなたが負いなさい」とか「あなたが悪いのだからあなたが反省しなさい」と言えば事足りるのです。それ以上にその人に関わる必要はないのです。 

 だから、臨床家がクライアントに会い続けている限り、すべてをクライアントのせいにしているということの証明にはならないのです。むしろ、それらがすべてクライアントのせいだということになれば、臨床家はもはやその人を援助しようとも思わないでしょう。 

 私の浅い経験から言うと、すべてをクライアントのせいにして片づけることができるのなら、これほど楽な作業はないのです。 

仮に、「問題」となっている事柄の原因の一部をそのクライアントが担っているとしても、それ以外の部分も見えているから、臨床家はクライアントのせいにして片づけることができないのです。 

 

(文責:寺戸順司高槻カウンセリングセンター代表カウンセラー