大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?
  • ホーム
  • <テーマ106>クライアントの動揺

<テーマ106>クライアントの動揺

<テーマ106> クライアントの動揺 

 

 クライアントが初回面接を受けた後、もしくは初期の数回面接を経た後、私が危惧していることが一つあります。それはクライアントの動揺ということであります。本項では、この動揺ということに関して述べていくことにします。 

 

ある女性クライアントの一例 

 このような動揺というものがどういう現象であるかを、まずは一つの例を挙げて述べてみることにします。 

 クライアントは女性でした。初回の面接において、彼女はこれまで自分が体験してきた親子関係を語られました。そして、彼女がいかに親に対しての怒りを抱えてきたかを表現されたのであります。彼女がそのように表現したことは今までに一度もなかったということでした。この面接において、初めてそれを他者に語ったということであります。 

 彼女は翌週、二回目の面接の予約を取られました。しかし、数日後、彼女は怒って、その予約をキャンセルし、私のカウンセリングは受けないと断言されたのであります。何が起きたのか、私は尋ねてみたのですが、彼女は答えることを拒否されました。 

 彼女が何も語ってくれなかったので、私は彼女にどういうことが起きたのかを推測するしかありません。とにかく、キャンセルした時の電話では、彼女はとても怒っているということであります。初回の面接ではそのようなことはありませんでした。むしろ、私との間では良好とさえいえる関係を築いていたのであります。そうであるならば、彼女の怒りは、初回面接を終えてから、掻き立てられたということになるのであります。 

 私の仮説では、彼女は初回面接において、何らかの「動き」を体験しているということであります。何かが彼女の中で「動き」始めたということであります。その「動き」がそのような形で表面化したということであります。 

 その「動き」は、彼女に激しい怒りを掻き立てています。しかし、彼女が面接で語ったことは、両親に対する積年の怒りでありました。それが彼女の抱えていた問題であったのです。そして、彼女が日常生活において「怒り」を今まで以上に体験しているとするならば、それは彼女がその問題の本質的な部分に非常に近い場所に位置しているということになるのであります。彼女は怒りを抑え、それを体験しないように生きてきたのですが、それがこのようにして体験されているということは、彼女にとっては「悪化」として体験されていたり「良くないもの」として捉えられているとしても、やはりそれは前に進んだことを意味するのであります。 

 もちろん、私の側に落ち度がないとも言い切れません。もっと時間をかけて少しずつ両親に対しての感情を表現してもらった方が良かったのかもしれませんし、初回面接での私のフォローが足りなかったのかもしれません。そういった点に関しては、私も反省すべき点があるでしょう。しかし、彼女が怒りを表現し、それが受け入れられたからこそ、今まで以上に怒りを体験している、もしくは怒りを体験することに抵抗がなくなっているのだと私には思われるのであります。そして、彼女が彼女の問題を克服するためには、彼女が体験しているものをそのまま体験するという過程をどうしても経なければならないのであります。彼女はそこを避けてしまったのだと私は捉えております。私のもう一つの反省点は、彼女のキャンセルを受けるべきではなかったということであります。 

 これがクライアントの動揺ということであります。面接を受けた後に、その人に何かが生じるのであります。それは面接で体験されたことによって生じているものであると私は捉えております。 

 

何が動揺をもたらすか 

 上記の女性の例を見ると、彼女が両親への怒りを口に出して語ったのは初めてのことでした。彼女にとって初めて経験することであったのです。こうした経験は、少なからずその人を揺り動かすものであります。 

 私たちは日々様々な出来事を体験します。その体験は自己の内面に消化されていきます。ちょうど食物が消化されるように、私たちは体験を自己の中に消化し、自分のものとしていくのであります。食物が消化される時には、私たちは気づかないのですが、私たちの体は活発に活動しているのであります。摂取された食物が消化されていくために、身体が働いているのであります。 

食べ慣れないものを食べた時には、消化不良を起こすこともあります。しかし、その消化不良でさえ、それを消化していくための活動であるわけであります。外国に行って、現地の料理を食べたことがある人は、こうした経験をお持ちではないかと思います。現地の人たちはそれで消化不良を起こしたりはしていないのであります。彼らはそれを食べ慣れているからであります。 

体験を自己に消化するという場合にも同じように考えてみることができます。慣れない体験や初めての体験というものは、同化していくのに時間がかかったりするものであります。その人に、いい意味であれ悪い意味であれ、動揺をもたらすものであります。動揺という言葉が相応しくなければ、内面の何かが動くと言っても構いません。そしてそれが通常のことになっていくに従って、動揺が減っていくものであります。 

私が子供の頃、電車のつり革に初めて手が届いた時の衝撃を今でも覚えております。兄たちは既に大きかったので、普通にそれに手が届いているのであります。私はまだ小さかったので、それに届きませんでした。初めてそれに手が届いた時、私は自分が偉大になったように感じたのでした。それは私の心を大きく揺さぶるような体験でありました。そして何度も吊り革を掴んでは放しということを繰り返したのでした。そうして、私は自分の体験を消化しようとしていたのであります。今では、吊り革につかまっても、そのような動揺を体験することはありません。それを消化し、それに慣れてしまっているからであります。肝心な点は、その人が何か今までにない新しいことを体験した時には、その人の内面を大きく揺さぶるような動きが生じるということであります。 

私は「慣れ」という言葉を用いていますが、これも正確な言葉ではありません。例えばペットを飼われている方であれば理解できるかもしれませんが、最初に飼ったペットの死は深い悲しみをもたらしたのではないでしょうか。この死別体験は大きな動揺をもたらし、なかなか消化できないものだったのではないかと思います。二番目のペットが亡くなった時も、同じような悲しみは経験することでしょう。しかし一番目のペットほど大きな動揺はもたらさなかったのではないかと思います。これは「慣れ」というよりも、一番目のペットで体験したことが下地として残っているからであると言っていいかと思います。その体験が消化され、下地としてその人の中で同化されていることで、いわば準備や耐性ができいていると言うこともできるかもしれませんが、いずれにしろ、最初の体験ほどには大きく揺さぶられることは少ないことでしょう。 

 

危機としての「動き」 

 その人が初めて体験するようなことを体験した場合、その人の内面が大きく動かされてしまうということは、日常において、私たちのこれまでの人生において、幾度となく見られることであります。そういう「動揺」を避けることはできないものであると私は捉えております。 

 この「動揺」は、人間には避けて通れないものであると同時に、その体験を消化して自己の中に収めていく過程において不可欠のものであると私は捉えております。しかし、それはその人にとって一つの「危機」でもあります。 

 その体験が、その人の根底から揺さぶるようなものであればあるほど、その人は体験を消化していくことに苦痛を感じるものであります。 

 恐らく、多くの人が覚えがあると賛同してくれるかと思うのですが、初めての性体験というものは物凄い衝撃だったのではないでしょうか。これはセックスということもそうですが、男性の場合だと初めて射精した体験であるとか、女性の場合だと初めて生理を体験したという時、根底から揺さぶられるような体験をされた人もおられるのではないでしょうか。その体験によって危機的な状態にまで陥った人もあるのではないでしょうか。 

 性体験や性に関する事柄で、そのような危機的状態に陥ったという経験をお持ちの方は、ご自身の体験を思い出しながら読んでいただくといいかと思います。私の場合を述べましょう。 

 私の場合、初めてセックスした時は、それほどの動揺をもたらしませんでした。これは一つには知識として性行為を知っていたからだと思います。しかし、初めて精子が出てきたときは、それはもう恐ろしくて、生きた心地がしない毎日を送ったものでした。私が小学生の頃で、何しろおちんちんの先から得体の知れない白い物がどろーんと出てきた時には、たいへんな衝撃を受けました。私は自分が何か悪い病気になったのだと実感しました。それは自分がおかしくなってしまったという動揺だったのであります。当然、これは家族には言えず、私だけの秘密となったのであります。毎日が不安で仕方がありませんでした。体におかしなことが起きて、この先自分がどうなってしまうのだろうと、そういうことばかり気に病んで毎日を過ごしていたのを覚えております。後々、それが男性の体の自然な働きであり、男性はみなそれを経験するものだということを知って行くことで、私はこの不安から免れていったのであります。いずれにしても、それが理解できるまでは、私はその体験が受け入れ難く、内的に動揺し続けていたのであります。この時の動揺は、先述のつり革に手が届いた時の動揺に比べて、はるかに危機的状況を私にもたらしたのでした。 

 ちなみに、この時の危機的状況に対して、私の場合、知っていくこと、知識を得ていくことが有効だったのであります。このことは洞察を深めるということと関連しますので、頭の片隅にでも留めておいていただければよろしいかと思います。 

 

(4)危機の克服 

 私たちが経験するこのような動揺で、恐らくもっとも大きくて衝撃的だったのは、出生の瞬間だったと私は思います。私たちはただその時のことを覚えていないだけで、この世界に送り出されるということは、相当な危機的状況をもたらしたのではないかと思うのであります。ただ、見逃してはならないのは、この危機的状況を経験しないと、私たちはこの世で生きることができなかったであろうということであります。 

 何かを体験すると、その体験の内容によっては、その人に大きな動揺をもたらすものであるとするならば、そのような動揺を避けるためには、私たちは何も体験しない方が良いということになってしまうのであります。そうして生きている人たちも私は知っております。その人たちの生き方に私が干渉することはできないのですが、彼らは危機や動揺を体験しない代わりに不毛な生活、縮小された世界に生きているのであります。 

 つまり、私たちが何かを体験し、新たなことを獲得し、自分の世界を広げていこうとする際には、こうした動揺をいやが上にも経験してしまうということであります。 

 先に怒りを駆り立てられてカウンセリングから遠ざかった女性の例を挙げました。彼女は新たな何かを獲得し始めたその矢先に、それから手を引いてしまったのであります。そして、このような行為こそ「神経症」的なのであります。一歩踏み出したのに、また、元の位置に戻るということを彼女はしているのであります。 

 従って、このような「動揺」というのは、どのようなものであれ、次への「動き」を意味するものであります。私はそのように捉えております。 

 言い換えると、このような動揺は危機でもあるわけですが、その人が成長、変容していくということは、こうした危機を内面的に消化していき、克服するということと同義なのであります。 

 

クライアントはどのように「動揺」を体験するか 

 何かを体験した時に、それは心の中に動揺をもたらすということを述べてきています。その体験が初めてのものであるか、その人にとって意味深いものであればあるほど、その動揺は大きくなり、時には危機的な状況をその人にもたらしてしまう可能性があるということであります。しかし、この動揺は、その体験を自己の中に消化していく過程を示すものでもあり、変化、変容へ向かう「動き」でもあるということであります。 

 クライアントはカウンセリングの中で、多かれ少なかれ、このような「動き」を体験されるものであります。それが徐々に体験される人もあれば、一回目から体験される人もあり、いつ体験するかということは一概には言えないことであります。より安全な形でそれが体験されればいいとは願っておりますが、クライアントに生じることなので、私がすべてをコントロールできるわけでもないのであります。 

 クライアントはこのような「動き」をどのようなものとして体験されるのでしょうか。私の経験では、とても素晴らしい何かとして体験する人と、とても最悪な何かとして体験される人というように二分することができるように思います。 

 ある男性クライアントは、初めて受けたカウンセリングの後、目の前の世界がとても色鮮やかになり、とても感動的だったと述べました。彼はその体験をもう一度しようと、いろんなカウンセラーを巡っていました。恐らく、その体験を彼がカウンセリングですることはないだろうと私は思います。それはともかく、彼にとっては素晴らしい何かとして、それを体験されていたようでした。 

 私のカウンセリング体験においても、こうした「動き」を体験しております。二十代の初めころ、初めてカウンセリングを受けた時、私はその後、日常生活が覚束なくなるくらいの感情の起伏を経験しました。面接の場面を、その先生を何度も心の中で反芻して過ごしたものでした。大きく揺さぶられていたのだと思います。 

 これらの例を見ても分かるように、素晴らしい何かを体験していたとしても、本人にとっては苦しい部分もあるのであります。この点は抑えておくようにしたいのであります。 

 一方、最悪の何かを体験される方もおられます。上記の女性クライアントはその一例であります。しかし、彼女が最悪な何かを体験していたとしても、その体験が彼女の問題の本質に迫るものであったということは注目に値することであります。私から見ると、それは望ましいことでもあったのでしたが、彼女自身は「良くないもの」として受け取っておられたのであります。 

 もっとも「一般的」な言い回しは、カウンセリングを受けて、すぐに「良くなった」とか「悪くなった」というものであります。クライアントが「良くなった」にしろ「悪くなった」にしろ、そこに「動き」が生じているという点では等価であります。「良くなった」とか「悪くなった」というのは、クライアントの主観的な評価においてそう捉えられているということでありますが、私の視点からすると、しばしばその評価が正しくないということもあるのであります。もっとも愚かしい行為は、その一時点の主観的評価に基づいて、勝手にカウンセリングから離れてしまうことであります。これはせっかく生じた「動き」を台無しにするようなものなのであります。 

 それと、しばしば見かけるのは、その「動き」を身体で体験しているというような例であります。内面が「動く」ので身体にもそれが影響するということは頷けない話ではありません。しかしながら、内面の「動き」を「身体が不調になった」と体験される方も少なからずおられるのであります。心身症的な人やヒステリー性格の人には特にこの傾向が見られるものと私は捉えております。そして、これもまた愚かしいことでありますが、内面が「動いて」体の不調として体験されているのに、内面の方を切り離して、身体の治療に専念してしまう人もおられるのであります。その身体不調は、カウンセリングを経験してから生じたものであるから、それはもっと「心の問題」なのであります。 

 

(6)本項の要点 

 それが「良いもの」と体験されているとしても、「悪いもの」として体験されているとしても、「動き」が生じているということは、その人の変化への可能性を表しているものであります。私の考えるところでは、カウンセリングでの最初の目標は、クライアントにそのような「動き」が見られるということなのであります。もちろん、それが少しずつ「動く」ということが、より安全であり、より望ましいものであるということは言えるのです。それをどのように実現していくかは、私の取り組むべき課題でもあります。しかし、何よりも強調したいのは、このような「動揺」は起きるものであり、これが生じないとその人は何も変わらないということであります。従って、この「動揺」を恐れないようにしないといけないということであります。クライアントがそれを体験しているなら、それはカウンセリングの場で話し合う必要があるものなのであります。そして、確実に言えることは、クライアントが変化していくにつれて、その「動揺」は恐ろしいものではなくなっていくということであります。なぜなら、その「動揺」には意味があるからであり、その意味がクライアントにも理解(洞察)され、私との間で共有されていくからであり、そのようにして消化された「動揺」は、その人を苦しめなくなるからであります。消化された「動揺」は、過去の一時点に経験された事柄になっていき、その「動揺」は、その人が変容していくための基礎となっていくのであります。 

 

(文責:寺戸順司高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー