大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?
  • ホーム
  • <テーマ127>追い込まれる「加害者」(1)

<テーマ127>追い込まれる「加害者」(1)

<テーマ127> 追い込まれる「加害者」(1) 

 

(127―1)DV概観 

(127―2)DV関係のパターン 

(127―3)「弱い加害者」事例~DVに至るまで 

(127―4)「弱い加害者」事例~騒ぎが大きくなる 

 

(127―1)DV概観 

 DVとは二人の人間の間で生じるものです。この二人は、一方は「被害者」と、他方は「加害者」と見做されます。ただし、これらの言葉は一つの場面における両者の立場や役割に関して述べた言葉であり、両者を区別するために便宜上用いているだけであります。あまり固定的にお考えにならないようにお願いしたいのです。 

 ある行為がDVであるかどうかということは、「被害者」の意見が尊重されることが多いようです。「加害者」がいくら「それはDVではない」と主張しても、「被害者」が「DVだ」と主張すれば、そちらの方が通っていくことになるようです。 

 DVは暴力や暴言とった特定の行為が両者間で見られる場合に用いられることが多いので、しばしばDVとは行為を指す言葉であるかのように捉えられているように私は感じております。しかし、DVとは一つの関係の在り方であり、DV関係が築かれている所にDVが生じているというのが私の見解なのです。先にそういう関係が築かれているという例が、私の体験した限りでは、多かったのです。 

 そして、詳細に関係を見ていけば、「加害者」と「被害者」はその役割を交互に換えながら、最終的な部分で「加害者」「被害者」が決定されていくという印象を私は受けます。そして、その最終決定になった「役割」は、その後も維持され、両者の関係において覆されることは稀であるとも感じております。 

 

(127―2)DV関係のパターン 

 カウンセリングにはDVの「加害者」立場の人も「被害者」立場の人も、どちらもが訪れます。また、「加害者」が男性であるとも限りません。 

 しかし、カウンセリングに訪れるのはある種の「加害者」であり、あるタイプの「被害者」であるということにも私は気づいております。 

 適切な言葉ではないかもしれませんが、ここで、「(立場上)強い」「(立場上)弱い」という言葉を用います。 

 この概念を用いれば、「加害者」には「強い加害者」と「弱い加害者」が区別されることになります。同じように「被害者」も「強い被害者」と「弱い被害者」を分けることができます。 

 両者が結合する場合、その結合パターンは次の四つのどれかを形成することになります。 

一つ目は「強い加害者」と「強い被害者」の組み合わせです。私はこの組み合わせをほとんど見たことがありません。これはDVというよりも、もはや全面戦争を展開しているという関係になっていることでしょう。 

二つ目は、前者とは真逆で、「弱い加害者」と「弱い被害者」の組み合わせというものです。やはり、この組み合わせも私には稀なのです。もしこのような関係があるとすれば、かなり目立たないと言いますか、表面化しないで水面下でのDVが行われているのでしょう。 

しかし、DVというものは、基本的に「強者―弱者」、あるいは「支配者―服従者」の関係に基づいていると私は見做しておりますので、上記のような組み合わせでは、DVではなく、もっと他の問題を展開しているだろうと思います。 

三つ目は、「強い加害者」と「弱い被害者」の組み合わせです。この関係において、カウンセリングを訪れるのは、「弱い被害者」の方です。なぜなら、この場合、「被害者」はたいへんな恐怖感と無力感に襲われていたりするからです。何も言えない「被害者」なのです。 

 四つ目は「弱い加害者」と「強い被害者」の組み合わせです。この関係において、カウンセリングを受けに来るのは、むしろ「加害者」の方なのです。この関係にある「被害者」はカウンセリングになかなか姿を現さないか、全く関与して来ないかのどちらかなのです。 

そして、本項で取り上げたいのは、この「弱い加害者」立場の人のことなのです。 

 カウンセリングには「加害者」も「被害者」も訪れると述べましたが、そのどちらであろうと、立場的に弱い立場にある人が来ることが多いという印象が私にはあるのです。 

 もちろん、二人の人間が状況に応じて、「強い加害者―弱い被害者」関係を築いたり、「弱い加害者―強い被害者」関係に置かれたりするものです。いずれにしても、DV関係とは、決して対等にはならない関係であると私は捉えております。 

 

(127―3)「弱い加害者」事例~DVに至るまで 

 一回のDV行為がどの時点から開始しているかを特定することは難しいものです。大抵はその結果、つまりその行為が行き着いた結果しか分からないし、その部分だけでDVであると決定されていることも多いかもしれません。 

 次に挙げるのは、あるDV「加害者」の例です。でも、この例は特殊なものではなく、むしろかなり頻繁に見られるパターンでもあります。 

 二人は夫婦で、「加害者」は夫でした。その日、夫はいつものように仕事を終え、真っ直ぐ帰宅したのでした。「被害者」となる妻もまたいつものように夫を迎え入れたのでした。少なくともこの時点ではまだ何事も表面化しておりませんでした。 

 食卓を見た夫が「なんや、まだ夕飯できてないのか」と訊きます。妻に警戒信号が生まれます。夫の言い分では、食卓を見て、まだ用意ができていないようだったので、ただそう尋ねただけだと言うのです。何も非難めいたことを言ったつもりではなかったと後で述懐しています。でも、妻の方はそれ以上の意味に受け取ってしまったようです。恐らく、自分が非難されたように体験したのでしょう。夫の何気ない一言、悪意のない一言が先にあって、それが妻の内面の何かに触れているのです。 

 それでも、その場では妻は何も言わず、いつもそうしているように夫の上着をハンガーに掛けようとします。妻は「タバコ臭いわね」と夫に言うのです。夫は玄関前で一本喫ったのだと答えます。ここで妻は怒って「約束を破った」と言って、夫を糾弾し始めるのです。 

 これまで妻は夫の喫煙に耐えられない思いをしていました。何度も夫にはタバコを止めてほしいと訴えていました。ある時、タバコを喫わないという約束を両者で交わしたそうです。ただ、夫の方は、それは「家の中では喫わない」という約束だと受け取ったようです。約束を交わした時、両者間で何らかの食い違いがあったのかもしれません。いずれにしても、夫の上着がタバコ臭いということは、妻にしてみれば、見方によっては、絶好の機会であったのです。つまり、夫からの最初の刺激(「夕飯はまだか」)に対しては反応できなかったのですが、ここで妻は反応の糸口を見出したことになるのです。 

 夫が約束を破ったということで妻は怒り始めます。そして夫が過去において、いかに自分との約束を反故にして、自分をないがしろにしてきたかを、半ばパニックに陥りながら喚きたてます。 

 吃驚りしたのは夫の方でした。夫は「ちょっと待て、勘違いしている、落ち着いて話し合おう」と妻を宥めようとするのですが、妻はヒステリーのようになっていて、埒があきません。妻はますます騒ぎ始めます。 

 夫は「とにかく落ち着け」と、妻の肩に手を置いて、抑えようとします。しかし、これを契機に妻はさらに逆上したのです。これはなぜかと言うと、この時点で、妻には普段の夫の姿が見えていないからです。その時の妻には、約束を破る悪い夫、忌み嫌う姿の夫が見えているはずでした。そして、そういう嫌悪する対象から触れられたということで、さらに暴れるのです。場合によっては、この時点で「夫が手を上げた」と訴える「被害者」もあるのです。 

 本当なら、そういう場合は相手に触れない方が望ましいのですが、夫はそういうことを知りませんでした。妻を宥めようとすればするほど逆効果になっていきます。妻はますます夫に罵詈雑言を浴びせます。 

 そして、遂に限界が来たのか、夫は「黙れ!」と一喝して、妻の頬をぶつのです。妻はよろめいて壁に頭を打ちます。 

 妻は「頭を打った。病院に行って診てもらう」と言います。その時、夫にはそれが非常に大袈裟だと感じられ、何とも言えないような不快な感じがしたと述べています。 

 そうして本当に病院に行った妻は、そこで何らかの診断を貰ってきます。その時の妻の言い分は「怒りに燃えた夫から殴られて、その勢いで壁に頭をぶつけた」ということになっていたのでした。こうして妻は夫がいかにひどい人間であるかということを証明していくのでした。 

 もし、丁寧にこのいきさつを見ていくなら、最初に怒っていたのは妻の方ではなかっただろうかということが窺われるのです。「夕飯はまだか」の一言で怒りを感じ、タバコの件でそれを露わにしたのは妻の方だったかもしれないのです。「かもしれない」と言うのは、私がその現場を見たわけではないからです。夫から話を聴いた限りでは、彼自身はその時点では怒りを覚えていなかったということでした。 

 いずれにしても、最初は妻の方が怒っていたのに、いつの間にか、夫の方が怒っていたということになっているのです。そして、妻の方が怒っていたのではないかという部分は見えなくなっているのです。この流れはDV関係ではよく見られるもので、これに関してはいずれ述べることができればと思っています。 

 さて、この男性はDVの「加害者」ということになっていったのです。長々と述べてきましたが、実はこの話はここで終わるのではないのです。むしろここから始まるのです。 

 

(127―4)「弱い加害者」事例~騒ぎが大きくなる 

 妻は次に何をしたかということです。妻は病院で診断書を書いてもらい、警察にも届け出ました。そして、妻の両親にも相談に生きました。妻は自分の両親に事の次第を打ち明けました。両親は「娘を殴るとはけしからん」と怒り、夫に釈明を求めます。 

 しかし、この場合、有利なのは妻側なのです。なぜなら、きっかけやいきさつはどうであれ、夫が手を上げたというその部分は紛れもない事実だったからです。夫自身もそれを認めざるを得ないのでした。 

 夫は今回の件で謝ります。しかし、妻の両親はそれで治まらなかったのでした。そして、夫の両親にも連絡を取り、いきさつを話したのです。こうして、元々は夫婦間の出来事であったものが、家同士の問題に発展していったのでした。 

 夫の方はこんなふうに発展していくのを望んでいませんでした。彼からすると、妻の方が一方的に働きかけて、事態をここまで大きくしたというように見えているのです。妻の両親に頭を下げるのはまだ理解できるとしても、自分の両親までもが駆り出されたことには納得できないと彼は感じているようでした。そして、あたかも両親が自分の監督役にされてしまったような気がしてならないと彼は話していました。正しくその通りだったかと思います。 

 ここまでの流れは次のようになります。妻が最初に怒っている。でも怒っているのは夫の方だったということになっている。夫は確かに妻の頬をぶった。これは双方が認めています。そして妻が壁に頭を打ったというのも双方が認めている事実であります。妻が親にそれを話す。親はけしからんと怒り心頭、夫に説明を求めます。この親の非難は夫だけに留まらず、夫の親をも巻き込みます。理由は何であれ、夫が妻をぶったという事実はあるわけなので、夫の親は相手に言い返すこともできず、妻の親の言い分を受け入れざるを得なかったのです。そして、夫が二度とこれを繰り返さないように、親からも注意しておくということで両家間のいさかいは収束されたのでした。夫側も事態を収拾するためにはそうするしかなかったのでしょう。 

それ以来、妻も、妻の親も、夫の言動にこれまで以上に注意深くなり、自分の親からも監視を受けるという状況に彼は陥っていたのでした。彼はこうして二重三重に拘束されていくのでした。 

夫の親の言い分は、「相手さんをぶったという事実さえなかったら、向こうの言い分に反論できるのだけどな」というものだったそうです。夫の両親、家族もまた、妻側の配下に置かれてしまっているのです。 

 さらに、妻側はそれ以上の処置を採っていました。今回の件は、警察と弁護士が間に入って、彼が二度と暴力は振るわないと念書したことで一応は鎮まりました。さらに、夫には精神的、性格的に問題があるということで、カウンセリング等を受けて治療に専念することという条件を夫に付けたのでした。ここまでして、ようやく妻と妻の親も納得したのでした。 

 この条件のお陰で、私はこの男性と知り合うことになったのです。しかも、私を探したのは彼ではなく、妻の方だったのです。妻が私のところを探して、「ここに行って、ちゃんと治してもらってきて」と夫に言いつけたそうなのです。彼はそれに従わなければならなかったのでした。 

先ほど、彼のような人を「弱い加害者」と名づけたのですが、「弱い」ということがどういうものを指しているか、何となくでも理解していただければ結構です。夫が妻をぶったという事実、そのために妻が壁に頭を打ち、病院に行ったという事実は、彼にとって非常な負い目となっているのです。「手を上げた方が悪い」という理屈が正しいとしても、彼はそのために妻側の要求をすべて飲まざるを得なくなっているのです。それは彼だけでなく、彼の両親もまた同じような立場を取らざるを得なくなっているのです。力を得たのは、「被害者」である妻側だったのです。そして、妻側はこの力を夫に行使していくことになっているのです。ここで妻側は勝利を得ているようなものなのです。夫にはもはや何も言い返せないという状況が作り上げられているのです。 

こうして、「加害者」である彼は身動きが取れないような状況に追い込まれていったのでした。長々と彼のことを述べてきました。この後、彼はカウンセリングを受けに来ます。私からすれば、この時点で初めて彼と会っているのです。でも、この話は、実は、まだ終わらないのです。更に発展していくのですが、恐らく長文になっていくことでしょうから、ここで一旦項を改めることにします。次項以降において、この夫婦、並びに彼とのカウンセリングがどのように発展していったかを記述し、それからいくつかの考察もしてみたいと思います。 

 

(文責:寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー