大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?
  • ホーム
  • <テーマ135>怒り・不安・自己感情(4)

<テーマ135>怒り・不安・自己感情(4)

<テーマ135> 怒り~不安~自己感情(4) 

 

(135―1)「見ること」と嫉妬・被害感情について 

 事例の女性は自分がその人たちを見て、監視しているのに、彼女の方が彼らから見られ、監視されているという訴えをしてきたわけであり、そこに逆転が生じているということを前項の最後で見てきました。 

 これは被害感情(それも不適切な被害感情)というものが、どうして生じるのかというテーマに通じるものでもありまして、実はとても深いテーマなのです。図式的に説明すると、自分が彼らを攻撃したいのだけれど、それが禁じられているという状況では、彼らが自分を攻撃してきているのだという形に転換されているということです。そうすることによって、自分の抱えている敵意、攻撃感情の方は正当化されるので、それが禁じられなくなるということなのです。 

 実際、ひどく被害感情に囚われている人は、とても攻撃的だったりするものです。私も何人もそういう方を見てきました。彼らは自分が迫害されていると訴えながら、迫害する相手に対しては極めて攻撃的になるのです。そして、自分が攻撃的になっているということを知らないのです。 

 こういうことは時に経験されるものであります。例えば、小さな子供A君が母親に「B君が僕に意地悪するんだよ」と訴えます。共感的な(だけの)母親なら、「まあ、B君って悪い子ね」とでも答えて、終わりになるでしょう。もう少し子供と関わろうとする母親なら、「まあ、B君がAちゃんに何をしたの?」とでも尋ねるでしょう。 

 A君の答えは次のようなものかもしれません。「B君はとても高価な玩具を僕にみせびらかすんだよ」と。心理学などという人生に何の益ももたらさないような学問を熱心にされていた母親なら、ここで閃くものがあって、「あら、それはB君の玩具をAちゃんが羨ましがっているだけよ」などと答えるかもしれません。そうなるとA君は決して母親に心を開かなくなること間違いなしです。 

 「Aちゃんも持っていないような玩具をB君が持っていて、それを持っていないAちゃんに見せびらかすのね」と、A君とB君の違いを押さえる母親もあるかもしれません。A君は次のように言うかもしれません。「そうだよ。僕だって持っていないような玩具をB君が見せびらかすんだ」と。そうしたら、「そうなの。その玩具、Aちゃんも欲しいのね」と母親は答えるかもしれません。A君は「僕も欲しい玩具なんだよ」と答えるとします。母親は「同じ玩具を持っていたら、B君とももっと仲良くなれそうに思うのね」とでも答えるかもしれません。 

自分が欲しいと思っているものをB君が持っている、それでA君はすごく腹を立てているわけです。B君がその玩具を現実に見せびらかしたかどうかはそれほど重要ではないことで、確実に言えるのは、A君はB君のその玩具を見ているということです。その玩具を見れば見るほど、A君の心中は穏やかじゃなくなっていくでしょう。なぜなら、自分はそれを所有して然るべきなのに、所有していないということをまざまざと「見せつけられて」しまうからです。実は見せつけられたのは、自分が所有していないという方だったのに、B君が所有しているということを見せつけられたというように体験していると述べていいかもしれません。心の中の感情が複雑であればあるほど、そして、そういう感情が上手く把握できなければできないほど、こういう逆転が生じることでしょう。 

 あまり適切な例とは言えなかったかもしれませんが、人間にはそういうことをしてしまうことがあるということを押さえておきたいのです。 

 そういう過程を無意識的にやっているのです。図式的に描くと、どうしてそれが無意識的なのか、その辺りが掴めないかもしれません。ここで少しだけ脱線して、無意識なるものを眺めてみましょう。 

 無意識というものは、人によって定義が異なるのですが、そこにあって見えていないもの、見えているのにきちんと見えていないというものはすべて無意識であると私は捉えています。何かを見るということに絞って考えましょう。仮に一枚の絵画を見ているとしましょう、その時、必ずしも絵画の全体すべてに意識が行き渡っているとは限りません。見えているのに見えていないという領域が生じたりするのです。「この奥の方に木が描かれていますね」などと指摘されて、初めて「本当だ、こんな所に木が描かれている」ということを発見したりします。この領域は、その人にとっては見えていながら見えていなかったということになります。そういうものが無意識なのです。 

 何かを感じているのに感じていないとか、聞こえているのに聴いていなかったりとか、考えているのに考えていなかったとか、そういうことすべてに無意識が関わっているのです。 

 クライアントはしばしばおっしゃいます。「ずっとこの問題を考えてきたのに、そんな風に考えていなかった」などと。これは考え方の問題ではないのです。考えていたのに、考えていない部分があったり、考えてはいたけれど本質の部分を考えていなかったりとか、考えていたけれど考えてはいけない部分があったりとか、そういうことを示していることが多いのです。そこにあるのが無意識(の働き)であるわけです。 

 このことは視点を変えると、次のことを意味するのです。それが見えているのに見えていないから、指摘されるとそれが改めて見えるということです。あるのに見えていないのであって、初めからないものを見るわけではないのです。だから、私たちは無意識のことに気づき得るのであります。 

 いささか脱線してきましたが、事例の女性に戻ろうと思います。 

 

(135-2)内面の現実を外的現実として位置付けるための行動化 

 そして、彼女はある時、彼らに正面から挑んでいきました。行動を起こしたわけであります。この行動化がなぜ起きたのかが疑問になります。彼女はこの折り合いを現実のものにしようとしていたと考えることができるのではないかと私は思うのです。もちろん、彼女はそういうことを意識していないのです。 

彼らは悪意のある眼差しでこちらを見ていると彼女には体験されています。これは彼女の中だけで体験されていることでした。それが客観的で誰も否定しえない現実であるということを証明するには、それに則った行為を起こさなければならなくなるでしょう。従って、向こうが見ているからこちらは攻撃するのだということであり、実際に攻撃するということは、向こうが見ているということを現実の事実として定立することになるのです。 

 では、なぜそれを現実の事実にしてしまわなければならなかったのかということが次の疑問になります。彼女は心の中で、無意識的にこの状況に折り合いをつけたはずではないか、それなのになぜ行動に移し、現実化する必要があったのかということであります。 

恐らく、折り合いをつけたはずだったのに、この折り合いが破たんしたのだろうと思います。彼女の内面でつけていた折り合いを、現実の世界において実現化させたわけであります。それは内面だけで折り合いをつけることの限界に達したということであり、現実の補助を必要としていたということになるのではないかと思われるのです。 

 こういう仮説をいきなり言われると混乱される方もおられるのではないかと思います。彼女の行動化とは、言い換えれば、彼女の内面の現実だったものを外側の現実にしてしまうという意味あいがあるわけです。こういうことは人間関係で時々起きることでもあります。 

 例えばあなたが友人と会話しているとしましょう。友人はあなたに「あの本、読んだことある?」と質問されたとします。あなたはきちんと読んでいないのに「読んだよ」と答えるとします。実際には、あなたのこの答には、「その本を読もうと思っていた」から「書店で手に取ってパラパラページをめくってみた」まで幅広い意味合いを含むもので、それを「読んだ」ということにしているわけです。あなたは決して嘘をつくつもりはなかったのです。友人の質問に対してあまり正直に答えることが憚られただけなのかもしれません。そして、友人がその本のことをあれこれ話し始めたとしたら、きっとあなたは自分の返答を悔やむだろうと思います。あなたは友人との関係において、一つ負い目を背負ってしまったわけです。あなたはそれをそのまま押し通すこともできるし、解消する方向に動くこともできます。これを解消するには、友人に「いやあ、実はね、読んだとは言ったけれど、実際には書店でページをめくってみた程度なんだよ」と正直に打ち明けるか、実際にその本を購入して読むかするしかないでしょう。後者の場合、あなたの内的な事実(本を手に取ってページをめくっただけだけど、それを読んだということにしよう)を、現実に事実として履歴を残しているということになります。そして、こういう実現化によって、あなたは不安を解消しているのです。 

 事例に戻りましょう。彼女が現実に彼らに先手を打って「反撃」することによって、彼らに「攻撃」されているという彼女の内面にある事実を外側の現実にしていると考えることができるのです。そうして、彼らに「攻撃」されているという履歴を、それが現実のものとできるわけであります。それは彼女が内面において事実だとされていることを、内面において押し通していくことの限界に達して、そこから生じる苦痛を解消しようという動きでもあったのだと考えられるわけです。 

 従って、彼女の行動化は、彼女自身が考えているよりも遥かに危険なものだったのです。そして、彼女はこの折り合い、それを現実化するという折り合いにも失敗してしまうのです。その直後に、彼女のカウンセラー探しが始まったということなのです。恐らく、彼女の内面において、急激に危機感が高まったのではないかと私は察します。 

 

(135―3)本事例の要点 

 一人の女性クライアントに生じたことを追ってきたのですが、この事例自体、多くの学ぶべき点があるので、いささか多くのことを取り上げすぎたような気にもなっています。怒りというテーマに絞って少し振り返り、要点を示すことにします。 

 彼女の事例を通して述べたかったことの一つは、怒りでもって不安に対処するということがあるということです。そして、これはけっこう頻繁に見られる現象であります。 

 最初に怒りには適切なものと不適切なものがあるということを述べました。その怒りが適切だというのは、それがその怒りを誘発した状況に適したものであるという意味であります。不適切な怒りというのは、状況に適しているように見えず、過剰であったり、長引いたりするものであります。その怒りが不適切なものになるのは、そこにその人の不安が関わっているからであると私は考えるのです。 

 自分で予約を取っておきながら、ケンカ腰で私を訪れるクライアントもあります。きっと、カウンセリングを受けるということ、あるいは私という人間に会うということなどに関して、とても不安を体験されているのだろうと思います。 

 小さな子供が独りで留守番をしているという場面を想像してみましょう。この子は独りでとても心細くて、すごく不安だとします。この子がこの状況においてどのような反応をするかということはいくつも考えられるでしょう。「不安だから早くお母さん帰ってきて」というものもあれば、「お母さんなんて嫌いだ、顔も見たくない」と怒りで反応するものまで様々あるでしょう。 

 不安があまりにも強すぎるという人ともお会いすることもよくあります。しばしば確認できることですが、その人が居ても立ってもいられないくらい強い不安に襲われている時、本当にイライラされているのです。強い不安に襲われている人と怒りを抑制しようとしている人とは、外見的にはとても良く似ていると思うことも私にはあるのです。 

 簡潔に述べますと、不安という感情と怒りという感情にはつながりがあるということであり、人によってはこれが非常に強くつながっているということなのです。そして、しばしば不安の対処法として怒りということを身に付けた人もおられるのです。事例の女性はそのような人ではなかったかと私は理解しているのであります。 

 

(135―4)不安への対処 

 そこで私たちは不安という感情について考察していかなければなりません。これは怒りのテーマから外れて、不安のページにて書くような内容となるでしょう。 

 不安というのもまた、人間が体験する感情の一つであり、その人が生きた人間である限り、不安を体験することは避けられないものであります。不安とはそれだけ人間にとって普遍的な感情かもしれないのです。 

 人間の文化とか、宗教とか、あるいは科学とか、それらを推進した原動力の中に不安という感情がきっとあるだろうと私は捉えています。その不安を解消するためにそれらは発展していったと見ることもできるのです。 

 不安は常に体験される可能性があるものです。それは人間が自分の死を避けられない限り体験されるだろうと言われることもあります。つまり、何かに対して、自分が無力だという状況がある限り、それに対しての不安がつきまとうと考えてもいいわけであります。 

 例えば、自分がいつまで仕事ができるか不安だと述べる高齢の人がいるとしましょう。老化という自分でもどうすることもできないことに対して無力な自己を体験されているがために、そのような不安が喚起されてくるのでしょう。 

 自分の努力でどうすることもできない事柄というものが人生にはあるもので、そういう事柄に関して、私たちは不安を体験すると考えていいだろうと私は思うのです。私たちが不安になることの多くは、私たちの将来のことに関わっている事柄です。なぜそうなのかと言うと、将来のことはまだ自分の効力の及ぶ範囲外にあるものであり、自分ではどうすることもできないとか、何が起きるか分からないというニュアンスを非常に強く感じ取ってしまうからではないでしょうか。 

 従って、自分の努力ではどうすることもできないという事柄が多ければ多いほど、その人は不安に晒される機会が増えるという考えが成り立つのです。 

 不安に対してどのような対処をするかに関しては、非常に多くの対処法があるのです。怒りでもって不安に対処するというのはその中の一つに過ぎないのです。その他にも様々な試みを人間はしているものです。特定の対象と結びつけて、特定の物や場所が怖いという恐怖症にする人もあります。ひたすら外側のものを追求するというような躁的防衛をする人もあります。補助的にその人を支えてくれるように思われる品物にしがみつくというような人もあります。不安という観点からその人を見ると、とても多くのことが窺われると私は考えているのです。 

不安に対処するための怒りについて言うと、その怒りの感情を体験している時、その人は剥き出しの不安から免れているのであります。不安を感じる代わりに怒りを感じているのです。恐らくですが、その不安のなにがしらの部分は当人にも体験されているだろうとは思います。しかし、それが不安であるということを当人が認識できているかどうかということは、また話が別なのです。だから、その怒りの根底に不安感情があるということを洞察できたとすれば、その人は一つの段階を超えたことになるのです。 

事例の女性もそこまで進み始めていました。彼女の自我は怒りという対処法を放棄し始めていました。その代り、怒りでもって覆い隠していた不安感情をそのまま体験しなくてはならないという事態に陥ったわけであります。 

 この時、彼女の祖父母が生きていてくれたらなあと私も何度願ったことか分かりません。彼女が不安を体験し始めるようになってから、その不安が剥き出しのまま体験されるようになるまではとても急速でした。私も対応しきれなかった部分が多々あるのです。それに、その不安には意味があり、当然生じて然るべきものであり、そして一時的なもので終わるだろうということ、さらには、その不安に彼女は耐えていけること、不安が襲ってきてもいずれはそれが鎮まること、それを繰り返していく中で不安に襲われる頻度や時間が少なくなるということ、そういうことを伝えて保証しても尚、彼女の祖父母には至らない自分を痛感したのでした。 

 弁解するわけではないのですが、彼女が不安を体験するようになったのは、カウンセリングを初めて13回目辺りからでした。これが50回目に生じたのだとすれば、事態はもっと穏やかに進展していたかもしれないとも思うのです。彼女の中で急激に展開していくものがあって、私はそれに十分ついていけていなかったようにも思います。時にはそれを制する必要もあったのだと思うのです。だから、私にとってはいくつもの反省点と後悔を残した事例なのです。 

 そして、私はもっと考慮すべきだったと今では思います。彼女の生活において、不安に襲われる彼女を支えてくれるものが何もないのです。夫はむしろ支えを必要としているような人であり、子供もまた然りです。支えてくれるはずの家は、お隣とお向かいのことで、むしろ不安を掻き立てられる場所になってしまっています。そのために、外の世界に救いを求めることもできないのでした。彼女は自分の家を死守しなければいけないと感じていたからであります。こうして、支えのない生活において、強い不安を体験するようになったのですから、彼女には相当辛い思いを体験させてしまったのではないかと私は今でも悔いるのです。 

 

(135―5)自己感情という概念 

 さて、怒りから始まり、不安へと発展したこの事例を通して、私はさらに不安についても考察していこうと思っています。不安を考察するにあたって、自己感情という概念を提示するのですが、それをいくつか説明して、本項を終えようと思います。 

ここで私が言う自己感情とは自己に関する感情とか感じをひっくるめて記述しているとお考えになられてけっこうです。つまり、それは自己肯定感だとか、自己効力感、自尊感情、自己受容感情などをすべて含む概念だということです。それらを個別に表記すると非常に煩わしいので、一語で表現できる言葉があればいいと思ったので、こういう言葉を使っているわけなのです。 

 さて、私が述べたいと思うことは次のことであります。自己感情の低い人ほど、その人は不安を体験する機会が増えるということです。実際、不安性障害と診断されるような人は、ほぼ間違いなく、自己感情が低い人たちであります。私はそう断言しても間違いではないと信じています。同じように、怒りに駆られやすいという易怒的な人もまた、自己感情が低い人たちなのであります。 

 事項において、こうした点を考察していく予定でおります。 

 

(文責:寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー