大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?
  • ホーム
  • <A2-2>共有をつくること

<A2-2>共有をつくること

<A2-2共有つくること 

 

写真を掲載しないこと続き 

 こちらに騙す意図がないことを証明したければ写真用いない方がいいということ、騙すつもりがなくても閲覧者方で早合点したり、勘違いするということもあり得るので掲載しない方がいいということ、前項そこまで述べたのでした。 

 写真を掲載しないもう一つ理由に移りましょう。私が別の人の写真を掲載して、その写真の人物が私ですと偽れば詐称になるでしょうし、それで集客を目論めば詐欺と言われても当然であります。大抵のところはそういうことをしないでしょう。臨床家の先生本人の写真が掲載されていることでしょう。 

 しかしながら、それが私の写真でさえあれば、いつの時代の写真であっても構わないということになります。今現在の写真を掲載しなければならないというわけではないでしょう。その写真は、数年前の写真であるかもしれないし、10年前の写真であるかもしれません。美青年だった時代の私の写真を掲載しても問題はないかもしれません。むしろ、閲覧者の方でそれを確認しようがないというのが問題であります。 

 その問題は現状ではどうしようもできないのでありますが、これがですと称して私の写真を掲載したとき、どの時点までが「私ですと言えるのでしょう。私にはそこが分からないのであります。10年前の写真の私は私であります。そこには同一性を認めることができます。しかし、10年前の私は今の私と違っているはずであります。10年間に大きく変わっています。そうであるとすれば、同一性は認められるけれど、それを私ですと称して公表することに私はいささか躊躇してしまうのであります。 

 どれくらいの期間であればいいのでしょう。私には基準を設定することができないのであります。もちろん、閲覧者にとってはあまり気にならない問題であるかもしれないのですが、私の方で気になってしまうのであります。 

 最終的にこの問題どうケリをつけたかと言いますと最初から掲載しないことにしようということになったのでした。いちいちそこを考えるのが面倒なのであります。一年以内であれば私ですと言ってもいいということにすれば、毎年写真を撮り直して、掲載していかなければならなくなります。そういう手続きも面倒であります。 

 それに、極論を言えば、私の顔写真を見ても誰も得する人はいないのであります。私の場合、容姿で選ばれることなんてなさそうに思うので、もうどうでもよくなったのであります。ごくごく普通に目鼻があり、口も耳もついている、人並みの顔をしていると思っていただければそれで十分なのであります。 

 

思想を伝えること) 

 顔写真のことは、時々IT業者から提案されるので、少し細かく記述しました。どちらかと言えばIT屋向けに書いた部分でありました。ここで話を戻しましょう。 

 このサイトでは、私の思想を記述するということを目的としています。私を知ってほしいというのは、私の考えを知ってほしいということでありまして、ルックスは知ってもらわなくてもかまわないのであります。 

 なぜ、私の考え思想とか体験とかを知ってもらいたい思うのか、ということですが、それがクライアント利益につながるからであります。 

 端的に言うとカウンセラークライアントの双方が同じものを信じている方がカウンセリングとか心理療法は上手くいくのであります。生理学的方法を信用している人が、私のような哲学的な方法を重視しているカウンセラーのカウンセリングを受けると、ちょっと上手くいかないところが生まれるというわけであります。その場合、上手くいくためにはお互いの価値観を適合させていく過程を踏まなければならないと私は考えています。 

 私は全然そういう方面人間ではないのですが、スピリチュアルなカウンセラーさんがいます。あれこそクライアントが同じものを信奉していないと成立しないのではないかという気がします。他には、宗教カウンセラーもそうであると私は信じています。そのカウンセラーが仏教を信仰しているのであれば、クライアントも仏教を信仰している方が、キリスト教信者の場合よりも、上手くいくだろうと私は考えています。 

 私は人間が動物を飼うということに反対している者であります。だから、アニマルセラピーを受けてもなんら効果がないだろうと自分では思っています。アニマルセラピストと私とで共有されるものがほとんど無いからであります。しかし、動物好きなクライアントであれば功を奏するでしょう。 

 クライアントカウンセラー探すときにそういう基準探すことがあまりないという印象を私は受けています。カウンセラーの経歴や知名度で選ぶ人もありますが、その人の中に選択の基準、判断の基準が他に無いためではないかと思います。あと、なんとなくよさそうとかいった感覚的、イメージ的なものを優先させて選ぶという人もあるのですが、それもあまりおススメしないのであります。前項の男性クライアント(広告に騙されたといった男性)のようなことも生じえると私は思うのです。 

 あと、立地条件とか交通の便その他料金など選ぶという人もあるかもしれません。実際的な理由で選ぶわけでありますが、これはまだましであるとは言えそれだけで決めることには私は賛成しないのであります。 

 では、クライアントが同じものを信じているとかいうことをどこで分かるのかという疑問が生じるかと思います。答えは簡単なのであります。クライアントに訊くのであります。このサイトを見て来ましたというクライアントに、サイトのどこを見て来られたのですかとか、サイトのどこが良かったのでしょうか、サイトのどこが決め手となりましたか、などといった質問をするのであります。 

 クライアントによってはかなり細かな部分述べることもあります。このページのこの部分に納得できたとか、あの章の記述に共感できたとか、そういうことをお答えになられるのであります。思想の上で共通のものがあるということなので、こういうクライアントは私の中で上手くいく確率が高まるのであります。 

 ITは(また引き合いに出すのですが)、当センターが検索でヒットすることを一義的に目指すのです。それはそれで大事であることは認めるのでありますが、私の書いたものの中にヒットするものがなければならないのであり、私はむしろそちらの方を第一義的に目指しているのであります。だから多くのものを書いていかなければならないのであります。 

 クライアントは、特に真面目に取り組もうされるクライアントは、サイトをよく読むのであります。全部のページ読むことはできなくても、自分関連がありそう箇所よく読まれるのであります。この、読むというところがとても重要なのでありますが、それは次項取り上げましょうそうして読んでいく中でクライアントにとって決定打となる箇所が見つかるのであります。そこにヒットすると、その人は来談してくれるのであります。迷わずに来談してくれるのであります。 

 

文責寺戸順司高槻カウンセリングセンター代表カウンセラー