大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2022年1月25日 火曜日

1月25日:家のパソコンにて

1月25日(火):家のパソコンにて

 今日は定休日だ。家で過ごす。これで今月二日も休んだことになる。それで今日のブログは家のパソコンで書いている。家のパソコンでもサイト作業ができるようにしておいたので、今日はそれを試してみようと思う。

 今朝は家の洋服箪笥の修理をした。引き出しが閉まらなくなったのだ。数日前に頼まれたことだけれど、今日、やっとそれができた。完ぺきではないけれど、それなりに修繕できたので良しにしてもらうことにした。
 昼頃から歩きに出る。休日はウォーキングをしないといけないのだ。だんだん体が動かなくなってきているので、できるだけ運動をしなければならないのだ。
 まず、近所を歩く。どこまで行こうかという予定もないし、計画もない。とにかく先に家を出たまでである。近所を一周してから、さてどこまで歩こうかと考えるわけだ。
 少し一服して考えることにする。こういう時、僕の一服場所はパチンコ屋である。平日の昼間ということもあって、あまり客は入っていないようだ。
 最近はタバコを吸うのもしんどい。なんだか疲れてしまう。それでも喫煙欲求が高まり、そういう時はどうしても吸いたくなる。どうしても吸いたくなった時だけ吸えばいいのであるが、ぼんやりと考え事をしているとついつい立て続けに吸ってしまう。それを変えたい。
 それはさておき、西に向かうか東に向かうか、あるいは北か南か、どっち向いて歩くかを決めなければならなかった。実は、パソコン操作のことを考えていて、そういえばまだやってなかったことがあったのに気づいて、今日は歩くのを中止して帰宅してパソコン作業をしようかという選択肢もよぎった。でも、歩ける日に歩いておこうと思い立つ。
 西に向いて歩く。延々と国道を歩く。交通量が多く、尚且つ自動車が渋滞せずにスムーズに流れていると、追い風なり向かい風なりが起きる。こういう状況だと、オミクロン株の感染も安全ではないかと、ふと考えた。
 小一時間ほど歩いて、再びパチンコ屋で休憩。自動販売機で飲み物を買う。お釣りを取る。その時には気づいてなかったけれど、後になってなんとなく金額が多かったように思う。確認してみると確かにそうだ。前の客がお釣りを取り忘れたのだろう。40円儲けた。
 ここのパチンコ屋の駐車場のところで屋台が来ていた。一食200円でカレーライスを販売していた。お昼ご飯がまだだったので、食べようかとも思った。カレーのスパイシーな香りが漂ってきて、それがまた空腹を意識させるのだ。でも、ここは我慢だ。街歩きをしているときは外食しないと決めておるのだ。
 その後、帰宅時にもこのパチンコ屋に寄った。今度はトイレに行きたくなったからである。まだあの屋台がおる。ああ、腹が減った。200円くらい出してもいいのだけれど、やはり誘惑には負けず、食さずに帰宅する。
 200円の予算は別に使った。100円ショップにてうどんを二つ購入していたのだ。帰宅後はその仕分けをする。一つに4食分、400グラム入っているのだ。それを80グラムに減らして、4食分を5食分にするわけだ。二つ買ったので、10食分になるわけだ。200円で十日分の昼ご飯を確保したのだから安いものだ。これはケチっているというだけではなくて、一回にそんなに食べられなくなっているのだ。一食分よりも少し少ないくらいでちょうどいい。
 それで今日は14000歩ほど歩いている。まあ、良しとしよう。

 さて、大阪もまん延防止が決定だ。明後日から施行される。来月の20日までということだけれど、そこで終わるか延長するか、それとも緊急事態に発展するか。どれも可能性がある。
 こういう事態になることは前々から専門家の先生方も指摘してきたのであるが、政府が役立たずなのでどうしようもない。こういう措置は、感染拡大を防ぐというよりも、医療を守るというニュアンスが濃いように思う。まあ、それはそれとしても、この第6波、政府の対応はすでに手遅れである。医療従事者の三回目接種も、検査の拡充並びに検査キットの確保も、病床の確保も、すべてが手遅れである。本当の最悪はまだこれから来るものと思っておかなければならない。

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー)

投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧