大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2020年10月6日 火曜日

10月6日:一回こっきりで十分

10月6日(火):一回こっきりで十分 

 

 一日を終える前にブログを書いておこう。 

 このところ、公私ともに忙しい日が続いた。サイトのことも手付かずだし、ブログも久しぶりだ。 

 仕事の方は、一日単位で見るとさほどでもないようだけれど、一応、毎日何かしらの仕事が入っている。それはそれでいいことだ。 

 事務的な作業で追われている。パソコン内のデータ取り出し作業を時間のある時は続けている。あと、身辺の整理もやっている。これは職場だけでなく、実家の方でもやっている。 

 今朝も重たいものを運んだ。正確に言うと最初に分解作業をやって、それから各部を運んだのだ。最近、連日でそういうことをやっている。それが祟ってか、先日の日曜日はやたらと足が痛かった。今日はかなりましになっているし、鎮痛剤のお世話にもならずに済んでいる。 

 朝、それをしてから高槻まで出る。職場に来ると、パソコン作業を一部こなす。それから身辺整理だ。 

 午後から外出する。銀行に行って、それから買い物なんかをして、記録用紙をコピーし、昼食だ。そのまま帰宅する可能性もあるので、一応、職場を閉めて出た。 

 昼食後、なんとなく一服したいと思い、喫茶店に入る。全然一服なんてできず。小一時間ほど勉強して過ごす。よけい疲れた感じがする。 

 結局、職場に戻る。そこで一休みする。音楽を聴きながら。ビックス・バイダ―ベックが最近のお気に入りだ。昔のジャズがいい。音が柔らかだ。それに激しい感情表現もないので聞きやすい。こういう音楽を聴いていたなんて、90年前の人も案外幸せだったのかもしれない。 

 それから短編小説を一つ読んで、職場を後にする。夜は、まあ、いつものように過ごそうと思っていた。 

 

 細々ながらでも僕は自分の選んだ仕事を続けさせてもらっている。贅沢を言えば、もう少し儲けが欲しいとも思うのだけれど、それでも今はいいクライアントたちに恵まれている。友人もそうだ。みな僕に良くしてくれる。 

 今は、生きていけて、このまま仕事ができれば、それだけでいいと思っている。苦労もそれなりにあったし、不幸なこともあったけれど、いい人生だと思っている。もう一度やり直したいとは思わない。このまま前に進めたらそれでいいと思う。人生は一回こっきりで十分なんだ。 

 

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー) 

投稿者 高槻カウンセリングセンター