大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2017年12月30日 土曜日

12月30日:仕事納め

12月30日(土);仕事納め 

 

 今年は今日が仕事納めとなる。 

 いつも土日に来るクライアントたちだ。そのうち、一人は昨日来られた。もう一人は予約されなかった。 

 そういう事情もあって、午後から空き時間が生じる。その時にサイトの更新をしようと決める。サイトとブログで20数件の原稿がある。一挙公開といこう。 

 ところが、パソコンをネットに接続して、サイトページを開こうとしたら、どういうわけか開かない。パソコンが重くなっているのかと思い、一度、動くまで待ってみる。接続がリセットされたというメッセージが出る。 

 なんでか訳が分からない。スッと接続できるページもあれば、なかなか開かないページもある。開かないページでも、何度も繰り返していると、微妙に開くが、最後まで開かない。 

 セキュリティを更新してみたり、パソコンを再起動させてみたりと、いろいろやってみたが、あまり変わらない。 

 夕方のクライアントを終えて、ダメ元と思いながらも業者に電話してみる。案の定、休業している。電話番の人に繋がったけど、担当の人に連絡してみるということになった。もっとも、その人にいつ繋がるかもわからないし、いつこちらに連絡が入るかも分からない。 

 しばらく待つが、もう、どうでもよくなる。来年になってもいいやと投げやりな気持ちにもなる。 

 それで職場を後にする。今年の仕事納めが、トラブルで終わるっていうのは、いかにも象徴的だ。今年はトラブル続きの一年だった。このことは明日、書こう。 

 

 夜。ムシャクシャしてるので、酒でも飲みに行こうと決める。 

 居酒屋に入る。ああ、年末という感じだ。団体客が多く、賑やかである。瓶ビールを注文する。最初はよかった。飲み干して、もう一本注文する。すると、店員さんがやってきて、瓶ビールが冷えていないけどどうするか、と訊いてきた。冷やすのが追いつかないということだ。僕は常温でいいから持ってきて、と答える。 

 冬場なので、常温でも多少はヒンヤリしているけど、やはり物足りない感じがした。これもまたトラブルだ。 

 

 その居酒屋に居ても、冷えたビールがないのなら、店を換えようと決める。それでいつものバーに行く。 

 バーでは、最初は気持ちよく飲んでいた。そのバーで数年前まで働いていた女性が来た。男性客と一緒だった。 

 この女性はかわいらしい人で、僕は好きだった。いつの間にかお店を辞めていったのだ。今日はこの男性客(僕は親しくはないけど、よくこの店で顔を見かける人だった)が誘ったのだろう。会話を聞いていると、さほど親しくない者どうしという感じだ。 

 なんか、つまらなくなってきた。僕はこの女性がどうしているかなと気になることがよくあった。というのは、彼女の勤め先が閉業したということを聞いていて、それがあって夜の仕事も辞めることになったからである。それから音沙汰なしだった。 

 彼女も大人なので、自分の人生をなんとかやっていくだろう。元気そうなのは良かったことだ。一応、僕のことも覚えていてくれたので、それも良かった。彼女のことも心配することはなかったのだ。まあ、僕が勝手に心配していただけなんだけど、余計なことをしてきたと感じ、空しくなってくる。 

 

 バーを出る。タバコを切らしたので、買いに行く。その道中、ああ、あのY君に遭遇する。一番、会いたくない人だ。 

 彼の方が僕に気づいて、声をかけてくる。これは決して仲がいいとか親しいからとかいうことではない。彼が退屈しているだけなのだ。相手になってくれそうな人だったら誰でもいいってことだ。たまたまそれが僕だったというに過ぎない。 

 面倒だ。ちょっとだけ付き合って、後は逃げようと考えていた。コンビニで缶ビールを買い、それをその辺で飲む。奴は道行く人に声を掛けたりするから厄介なのだ。道行く人は相手にしないけど、こちらに視線を投げかけたりされると、僕はたまらなく恥ずかしくなる。こんなのと付き合っている自分もイヤでイヤでたまらなくなる。 

 

 結局、Y君を撒くタイミングもなく、おまけに寒いので、僕の行きつけのもう一軒のバーに入る。奴がバーテンダーをつかまえてウダウダやってくれている。束の間の安堵が僕に訪れる。その間に、どうやって撒こうかということばかり考えている。 

 一杯ずつ飲んで、金を払って、出る。Y君を先に表に出して、店の人に年末の挨拶をしておく。それから店を出る。Yがいない。この隙に駅に向かおうと思う。 

 ところが、路地のところでYが待っていた。ああ、最悪だ。僕は帰るからと言って、駅に向かう。道中、Yが「小便したい」と言うから、「その辺でタレてこいや」と僕が答える。彼がその辺で立小便している間に、これこそ天が与えてくれたチャンスとばかりに、僕は彼を置いて駅に急ぐ。どうにかYを撒くことに成功する。 

 

 疲れた。帰りの電車で、いつもなら立つのだけど、つい、座ってしまう。眠ってしまう。ギリギリのところで寝過ごさずに済んだ。 

 なんだか、今日一日、不完全燃焼だ。シメにラーメンを食って帰ることにする。ああ、ここも一杯だ。客が多い上に、レジで待たされる。これまた一つのトラブルである。 

 

 トラブル続きの一年だったけど、最後までトラブル続きだった。 

 

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー) 

投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧