大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2018年2月1日 木曜日

2月1日:2月に入って

2月1日(木):2月に入って 

 

 今日から2月だ。新しい月を迎えるから、張り切っていこうと思いきや、朝は雪が降っている。気分が落ち込む。 

 寒さが厳しい。これはまず膝の具合で分かる。朝起きた時に、膝に痛みがあったり膨張感が体験されると、今日は冷えるなということが分かる。 

しかしながら、寒さにも種類があるのか、耐えられる寒さと耐えられない寒さというものがあるように思う。今日のは割りと耐えられる寒さだったような感じがする。 

 

 家賃を払う。本当は昨日支払う予定をしており、お金も用意しておいたのだけど、バタバタしているうちに意識から抜け落ちてしまったのだ。昨夜、帰宅してから、アッと思ったのだ。支払いを忘れた、と。 

 そんな事情だったので、今朝は一番に支払いをしようと思っていた。ところが、朝は朝でたいへんだった。電車には乗り遅れるわ、それで遅刻するわ、慌てて仕事の準備をしなければならなくなって、今日の最初のクライアントにギリギリ間に合ったような有様だ。 

 午後になって、ようやく手が空き、家賃を支払っておいた。2月分の家賃だ。これで一ヶ月の猶予が確保できた。あとはこの一ヶ月にどれだけのことができるかである。 

 

 酒は飲まない。いや、飲んでもいいが、店では飲まない。先日、嫌な思いをしたので、もう外呑みは控えようかと考えている。嫌なことと言っても、出来事自体は大したことではない。ただ、僕の中で不快感が残っている。 

 そういう不快感を経験することよりも、その不快感に囚われる僕がいるので困るのだ。何が不快であったか、吟味しざるを得なくなるし、分析しなければならないような気持ちに襲われる。飲みに行くのを止めると、これらの負担が減りそうな気がする。 

 

 コールドウエルの『タバコ・ロード』を読み始める。 

 僕は、以前からこういう作品があるということは知っていたが、なぜか読もうという気持ちにはならなかった。古書店で見つけて、手に取ってみると、なんだか良い作品であるように思えてきて、それで購入したものだ。しかし、購入すると、それで安心してしまうのか、それ以来、書架に置いたきりになってしまった本だ。 

 今年はそういう本も積極的に読んでいこうと考えている。取りあえず購入しておいた本、いつか読もうと思って買った本、そのうち読むだろうと見込んでウヤムヤになってしまった本、それらをきちんと読もう。 

 

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー) 

投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧