大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2018年2月9日 金曜日

2月9日:飲み友達

2月9日(金):飲み友達 

 

 そうだ、今日は朝の一枠目のクライアントが変更になっていたのだった。随分前に聴いていたのに、予定表を訂正しておくのを忘れていた。おかげで朝は時間が空いた。音楽を聴いて、本を読んで過ごす。 

 最近、本もよく読める。哲学関係のものに惹かれている。臨床関係のものももっと読みたいとは思うけど、こちらは気分が乗らない。 

 ジャン・ブラン『ストア哲学』を読み終える。他にダンハム『鎖につながれた巨人』の前半(上巻)を読む。前者は初読、後者は再読である。どちらも新書で手軽なのがいい。 

 読むのは読んだけど、十分に頭に入った感じがしていない。どうも、風邪で寝込んでから頭が本調子ではない。徐々に取り戻していこう。 

 

 本を読むことに加えて、本サイトの第2章のことを考えていた。何を書くか、もう一度リストにした。さらに以前に書いた原稿なんかも読み直してみる。言いたいことは明確にあり、且つ、たくさんあるのだけど、それがどうしてもまとまらない。どういう風に提示すればより理解してもらえるだろうかなどと、いろいろ試行錯誤している。 

 確かに、そんなに手の込んだサイトにしなくてもいいとも思っている。真面目に読む人は少ないし、正しく読む人はさらに少ない。ただ何かが書いてあれば、それだけで信用する人も多いようだ。だからと言って、あまり妥協する気持ちも僕にはなれない、それで困るのだ。 

 この第2章というのは、僕のカウンセリングで前提にしている事柄を綴る章になる。僕がこの仕事をしていく上で前提としている考えなどである。このサイト全体を通してももっとも重要な章となるだろう。それだけに過剰に力が入っているのかもしれない。 

 

 夜はいつもの飲み屋に顔を出す。いつものメンバーが揃っている。特に変わり映えもしなかったが、悪い経験はしなかった。可もなく不可もなくといったところで、それで十分である。 

 いつものメンバーと別れた後、すごく久しぶりに会う飲み友達とバッタリ遭遇する。これでハシゴ確定である。彼と一緒に少しだけ飲む。彼を見ていると、企業勤めがいかに厳しいかが窺われる。特に若い人にとってはそうだ。まあ、あまりそういう話をここではしないでおこう。とにかく、良い酒になったのだから、あまり水を差すようなことはしないでおこう。 

 

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー) 

投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧