大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2017年3月12日 日曜日

3月12日:不調

3月12日(日):不調 

 

 今日はどうにも不調だ。煮え切らない仕事ばかりだった。朝のクライアントも夜のクライアントも、苦しいことから逃げることばかりを考えてしまう人たちだ。もちろん、こういう表現は語弊があるのだけど、まあ、詳しくは書かないようにしよう。 

 ただ言えることは、二つ苦しいことがあれば、より苦しみの度合いの軽い方を見てしまうということだ。本当に苦しい方はなかなか見えないし、気づかれないものである。それに、苦しいことにただ耐えるということは(それはそれで価値のあることではあるけど)、本当はその苦しみに向き合っていることではないのだ。 

 最近、クライアントたちを見ていると、人生に真摯に取り組めない人たちだという気がしてくる。でも、僕のこの考えは時代遅れである。時間をかけて自己形成していくこと、人生を作り上げていくことなんて、今はあまり価値が置かれていないかもしれない。これほど重要なことはないと僕は思うのだけど。 

 

 朝から膝の具合が悪い。じっとしていても痛む。それに動かしにくい。動くことは動くのだけど、動かしにくい感覚がある。それでも逃げてはいけないと思い、リハビリ運動をこなすものの、痛みがあるというのが気になってならなかった。これからも繰り返しこれを体験しなければならないのだろうか。 

 

 昨日は書籍の原稿をけっこう書いた。空き時間のほとんどをそれに費やした。今日もそうしていたけれど、行き詰ってしまった。行き詰った時に、ブログなど、他の文章を書いてみるのもいいなと思い始めている。 

 原稿もとにかく書いてみることだ。書くだけでいいのだ。でも、そこに「上手く書こう」とか「面白いものにしよう」などというスケベ心が働くから行き詰るのだ。とにかく書くだけ書けばいいのだ。後からいくらでも修正できるのだから、気にせず書こう。 

 このブログでも思いのまま綴っている。思いつくまま、連想の働くまま書いている。こうして書き上げた文章は、まあ、100%悪文である。それが分かっていてもこういう書き方しかできないし、この書き方を止めたいとも思っていないのだから、我ながら困ったものだ。 

 

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー) 

投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧