大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2022年3月29日 火曜日

3月29日:最悪の気分

3月29日(火):最悪の気分 

 

 今日は定休日だけれど朝から職場にいる。というのもサイトのシステム改定作業が終わって、更新、復旧できるようになったからである。昨日、早速未公開のブログ等も公開した。ブログの方はまあいいとして、問題はサイト側の方だ。 

 バナーをこちらで作れないというのが相当痛い。原稿というかページが多くなったらテーマごとに括ってバナーにまとめた方が便利である。僕の方でも便利であるし、利用する人にとっても便利である。そのバナーが僕の方で作れないとなるととかく不便だ。どうするかを今日は考えていた。 

 バナーというのは、要するに、ページの左端にズラズラと並んでいるアイコンのことだ。ここを作成できないわけだ。 

 それにしても、本当に腹が立つというかアタマに来るというか、僕は基本的に4つの作業しかしない。ページを作って原稿を貼りつけて公開し、そのページをINDEXページにリンク貼りして、そのINDEXページをバナーとして上げて、あとは各ページのSEO関連のことをするだけだ。 

 つまり、公開、リンク貼り、バナー作成、SEO(キーワードと説明文)の4作業だ。それ以外の作業はまったくやらない。写真を掲載したり、文面を装飾したり、そういったことは一切しない。他のことができないというのならまだしも、4つしかない作業のうち、1つが完全にできないというわけだから、痛い。 

 バナーで括れると、バナーからお入りくださいと記しておけばいい。それができないので、すべてテキストリンクでやっていくことになる。トップページにどれだけのINDEXページが並んでしまうのか、もはややってみないと分からない。イメージできないのだ。 

 ホントにあの業者はどこかポンコツを作りおる。なんでそこがそうなるねんってなところが必ず出てくる。 

 もう一つ愚痴ろう。彼らは既存のページをすでに作成して公開してくれている。それから彼らは僕の書いたものをチェックするとか言うんだけれど、彼らの書いたものの方がはるかに危険だ。サイト上には現れていないんだけれど、彼らが書いたページ説明文なんかには、ちょっと際どい表現とかがある。彼らは自分の書いた文こそチェックすべきである。そういう際どい表現があるので、彼らが作っても僕の方で作り直さなければならなくなるのだ。それならいっそのこと最初からやり直した方が手っ取り早いというものだ。だからそうしていく。 

 今日一日である程度の方向性が定まっている。バナーの方も毎回ではなく、いくつか溜まったら彼らに作成してもらえばいい。それまではテキストリンクでやっていくしかない。だから、ここまではバナーから入って、ここからはリンクから入ってということになるだろう。見た目はちょっとカッコ悪いがしょうがない。システムがおかしいのだ。 

 明らかに前のシステムよりも不便になっている。使い勝手が悪くなっている。そして、復旧作業に膨大な時間を取られてしまう。先へ進みたくても、それ以前に過去のものをきちんとしなければならない。システム改定がなければこんな作業をしなくてもよかったのである。 

 

 ともかく、やっていくしかない。今日は計画も立て直した。一週に200ページは復旧ないしは新規公開していこう。2000ページなら10週間で終えることができる。週に200ページも相当キツイ作業となるのは目に見えているけれど、そこにばかり時間をかけるわけにもいかないとは言え、次に進むためにも早急に終わらせなければならない。 

 まったく、最悪の気分だ。 

 

寺戸順司高槻カウンセリングセンター代表カウンセラー 

投稿者 高槻カウンセリングセンター

カテゴリ一覧