大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2017年4月5日 水曜日

4月5日:止まれない

4月5日(水):止まれない 

 

 昨日の歩きが堪えている。両足とも筋肉痛である。でも、この感じも久しぶりだ。ここでもう少し頑張って、足に筋肉を付けていこう。今日は、歩行はそれほどでもないが、できるだけ立って作業する。 

 

 面接の方は忙しくはないが、今日はけっこう問い合わせ等の電話があった。その一人がギャンブル問題だということだった。どうしようかと迷う。ギャンブルのことで書いた原稿があるのを思い出し、それを公開しようかと考える。いくつか読み直してみた。取りあえず、公開できる分は公開していこうと決める。 

 

 疲労感は大。身体的にもキツイ。何としてでも、この段階を越えなければとも思う。体を使った後の疲労感、運動した後の疲労感だ。休息も必要だけど、この段階を通過しないと、またいつかこの段階を迎えることになってしまう。前に進んでいかなくては。 

 

 面倒なことに、買い物にも行かなくてはならなかった。銀行にも行っておかないと。郵便局にも荷物が預けられているらしいから、取りに行かないと。郵便局は明日にしよう。夕方、買い物と銀行には行っておく。 

その間に問い合わせの電話があったようだ。僕が戻ってから、もう一度その人が電話をくれた。さっきは留守電だったのにとおっしゃるので、二回目でつながり、ビックリしはったかもしれない。しょうがない。体は一つしかないのだ。外に出れば留守になるしかないのだ。 

 

 ギャンブルの分も含めて、今日は原稿の読み直しとか修正をすることが多かった。新たに書いたものもあるが、完成には程遠い。本のこともやらないといけないとは思いつつ、サイトの方が今は重要だ。これを宙ぶらりんにさせておくわけにはいかないのだ。このサイトが、僕にとっては人との窓口になるのだから。 

 

 多くのことをやらなくてはいけない。はっきり言って、僕にとってはそれが多過ぎる。以前ならなんてことはなかったことでも、今は重労働に思えてくるものもある。 

 本音を言えば、少しここらでひと休みしたいところなのだ。でも、休むことが許されないのだ。いや、休んでもいい。ただ、それは先送りするだけのことなのだ。今できることを、この先のいつかにやるだけのことだ。それならいっそのこと前へ進む方がましだ。 

 一旦、生まれてきた以上、もはや止まることはできないのだ。そう思うと、人生はなんと厳しいものかと思われてくる。 

 

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー) 

 

投稿者 高槻カウンセリングセンター