大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2022年5月17日 火曜日

5月17日:休日なのに

5月17日(火):休日なのに 

 

 今日は一応定休日だ。今日は休む4月の最初の火曜日が最後だったのではなかったかな。あの時は、足が痛いから休んだのだった。それ以後、火曜日も高槻に行って、サイト作業その他をこなす。ずっと休日なしである。 

 まあ、今日くらい休んでもいいか。家のことなんかもしたいので。いや、そもそも昨夜は夜更かししてしまったのだ。朝寝坊する覚悟を決めていたということなので、今日休むことは確信犯のようなものだ。 

 

 休日は歩くこの習慣しばらく途絶えていた 

 それで今日は歩いてみる足が軽いどこにも痛みがないこの感覚は実に久しぶりだ。いい調子で歩けるああ、こういうのが幸せだ。 

 

 結局2,3時間歩いたのだろうかいい感じスイスイ歩けるただ、ちょっと歩いている汗ばんでくるな。だんだん気温高くなってくる。今年の夏も厳しい暑さ待っているのだろうか。 

 

 帰宅後はゆっくり過ごす若干家のこと、身辺整理関係のこともこなす。いろんなことが中途のまま投げ出されている一つのことを終える前に次のことがやってくる。そんなこんなで中途作業が増えてくる特に急ぐわけではないとは言え、やはり終わらせていかないと気分的にすっきりしない。 

 こちらはこちらでボチボチとやっていきますか。 

 

 しかし、休日と言っても面白くない。 

 美味しいものでも食べようかと思っても、ツーのやつが出てきたらかなんなと思ってしまう。 

 喫茶店にでも入ろうか思っても喫煙不可だったりする。 

 何か買い物でもしようかと思っても、今は所持品の処分の方をやっているので増やしたくないという気持ちに襲われる。 

 いっそのこと遠くまで足を延ばそうかと思っても、僕はまだ個人的自粛中である。コロナ禍はまだ終わっていないのだから、あまり遠方までの移動は自粛だ。 

 それで近所の散歩なるけれど、近所もう飽きた 

 テレビは見る気がしないし、映画は、手持ちの分は見飽きたくらいだ。テレビは本当に観なくなったな。興味を持てそうなのが無い。面白そうなのが無い。ドラマなんかも今一つという感じがしてならないのだ。僕のセンスが古いのでついていけないだけなのかもしれないけれど、食指を動かされるようなのがないのは確かだ。 

 かつて楽しみであったものが、今は一つ一つ失われている何も楽しいとは思えない。こうなると、休日の方が却って苦痛になったりして。今日も高槻へ行ってサイト作業をやってれば良かった。 

 

寺戸順司高槻カウンセリングセンター代表カウンセラー 

投稿者 高槻カウンセリングセンター