大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2021年7月27日 火曜日

7月27日:寝そべりながら

7月27日(火):寝そべりながら 

 

 今日は金融の世界での月末ということになるので、一か月のうちで一番いやな仕事、支払いを済ませることにする。今日は外歩きの日になりそうだ。 

 尚且つ、タイミングの悪いことに、昨夜から足が非常に痛い。悪い方の膝がメチャクチャ痛いのである。膝そのものではなく、その周辺の筋に痛みがある、膝を屈伸させると電気のように激痛が走る。今日は杖をつこう。 

 非常に憂鬱な気分で家を出る。憂鬱のダブルパンチだ。 

 結果、銀行4件、コンビニ1件、ケータイショップ2件(1件は支払い、もう一件は別件で)、スーパー、百均、文具店(これらはそれぞれ必要なもの、消耗品の購入だ)、パチンコ屋2件(これはトイレと休憩だ)、喫茶店1件(これは昼食と休憩)、これだけ回ったことになるのかな。足を引きずりながらノソノソと歩行するので、時間もかかったし、体力も消耗する(これには暑さも関係する)。朝、出発して、すべて周り終える頃にはすっかり夕方になっていた。とにかく疲れた。 

 帰宅する。足が、特に膝の周辺がパンパンに腫れている。激しく痛む。大人しく横になって過ごす。当初の予定では、日中に外回りを済ませて、職場で雑用をこなして、帰宅後は家で身辺整理をやるつもりだった。最後のものは中止だ。後日へ後回しだ。足が痛くて動く気になれない。 

 いつまでこんな生活が続くのだろう、などと横になりながら物思いに耽る。なんだか人生にも疲れてきたなという気分になる。難関や苦境こそ燃えるところがあったが、それはもう昔の僕だ。今はただただ疲れきった。 

 明日もクライアントと面接することになっている。僕を頼ってくれている人たちのためにも僕は人生を捨てるわけにはいかない。彼らのためにできることはやっていこう。ともかく、明日に備えておこう。 

 ちなみに、今日のこのブログは寝そべりながら書いている。椅子に座るのも痛い。 

 

(寺戸順司-高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー) 

投稿者 高槻カウンセリングセンター