大阪府高槻市のカウンセリングセンターでうつ病のご相談

大阪府高槻市の心理カウンセリング

お気軽にお電話ください TEL:072-673-8180 営業時間:10時~20時 休診日:火曜日

うつ病、ストレスをお感じなら大阪の高槻カウンセリングセンターへ

「こうあるべき自分」から「こうありたい自分」へと目指していきませんか?

blog2

2020年7月27日 月曜日

7月27日:痛む膝を抱えて

7月27日(月):痛む膝を抱えて 

 

 膝が痛い。昨日よりも痛い。膝だけでなく、その周辺にも痛みが広がっている。膝より上は太ももの筋から、膝より下は脛、足首、土踏まず辺りの筋まで、とにかく左足の至る所に痛みがある。 

 夕べも眠れずだ。痛みでのたうち回っていた。こんな状態で高槻に来た。 

 今日の幸運は、月末の支払い関係のために予約を入れないようにしていたことだ。毎月この日は銀行を回ったりする。午前中を丸々空けておいたのだけれど、丸々費やした。 

 昼食抜きで午後からの予定にかかる。 

 

 午後からの予定をこなす。腹が減る。とにかく昼食だ。 

 本当はクタクタである。でも、ここで休んではいけない。早く帰宅しなくては。昼に服用した鎮痛剤が効いているうちに帰途につかなければ。一応、夕方にも服用しておく。 

 18時半頃に職場を後にする。 

 

 なかなか理解されないことなんだけれど、身体が不自由になると、不便そうだなと分かることは容易であるが、想像以上に体力を消耗するものである。一つのことをするのでも相当の体力を使う。 

 左ひざが曲がらず、歩けないのである。右足だけで歩くことになる。しかもストライドを広く取ることはできない。歩幅が大きいということはそれだけ膝を使うものである。小股で半歩ずつ歩くようなものだ。 

 帰宅したのは20時半すぎていた。丸々二時間かかったわけだ。通常は40分程度である。 

 家と駅の間は、普通に歩いたら7分くらいである。早歩きだと5分で行ける。しかし、今は20分かかる。通常時の約三倍の時間がかかる。時間だけではない、消耗する体力も三倍である。 

 家に帰るまでは、とにかく気を抜くわけにはいかなかった。 

 

 結局、こういうことだ。 

 昨夜も眠れなかったのに、いつもよりも1時間以上早く家を出なければならず、高槻に着いても午前中はずっと外を歩きどおしだった。18時半に高槻を出て、20時半に帰宅したわけだ。 

 帰ったら、とにかく横になる。食事はもうどうでもよかった。体にムチ打って帰宅したのは良かった。夕方、帰宅前に一服してしまうと、帰宅がもっと億劫になっていただろうと思う。とにかく疲れた。 

 

(寺戸順司―高槻カウンセリングセンター代表・カウンセラー) 

投稿者 高槻カウンセリングセンター